Eifman Ballet のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Eifman Ballet (エイフマン・バレエ)のコンサートチケット一覧

Eifman Ballet (エイフマン・バレエ)とは、ロシアのバレエ振付家であるボリス・エイフマンがサンクトペテルブルグにて、1977年に創設したバレエの団体です。創設当初は舞台上でバレエではおなじみのクラシック音楽だけではなく、ロックや現代音楽などを使用した演出が話題となり、その後は様々な国の文学作品をバレエに取り入れています。40年以上に渡り、ロシア内外のバレエ界で活躍してきたEifman Balletですが、日本に初めて来日したのは1990年、レニングラード・バレエシアターという団体名で公演を行っています。そのEifman Balletが、初来日より20年を経て世界中で絶賛された舞台が待望の来訪、2019年7月18日(木)と19日(金)にトルストイのアンナ・カレーニナを、2019年7月20日(土)21(日)にはオーギュスト・ロダンをモチーフにしたロダン~魂を捧げた幻想を上演します。共に会場は東京文化会館、稀有の才能を持つ振付家が贈る、見たことの無いような身体表現でパフォーマンスをするダンサー達の圧巻の舞台を目撃する絶好のチャンスです。

Eifman Ballet (エイフマン・バレエ)の日程

すべての日程

エイフマン・バレエ アンナ・カレーニナ
エイフマン・バレエ ロダン 魂を捧げた幻想
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決エイフマン・バレエ アンナ・カレーニナ

    • 東京文化会館(東京都)
    • 1階R11列10番 7/20土曜17:00開演の舞台向かって右側の席です。

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 13,000円/枚
      • 13,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 1
    • 即決エイフマン・バレエ アンナ・カレーニナ

    • 東京文化会館(東京都)
    • A席 2枚 1階 R7列 11番-12番

      • 女性名義
      • コンビニ発券
      • プレイガイド
      • 8%off
      • 12,000円/枚
      • 13,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 即決エイフマン・バレエ ロダン 魂を捧げた幻想

    • 東京文化会館(東京都)
    • 5F,C席,1列,6番 去年の12月に予約してすごく楽しみにしていましたが行けなくなりました。 席も予約前に調べ、C席の中でもより見やすい席を確保できたと思われます。 気になる方はご確認ください。 手数料送料はこちらで負担いたします。チケット価格のみでお取引お願いしたく思います。 発券済みなので、お取引完了次第直ちに発送致します。 ※出先で出品手続きをしたため、有償譲渡の記載確認欄は後ほど修正します。

      • 女性名義
      • プレイガイド
      • 8,000円/枚
      • 8,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 即決エイフマン・バレエ アンナ・カレーニナ

    • 東京文化会館(東京都)
    • A席1階2列中央寄りサブセンターブロック通路側席 A席ですが、通路側なので舞台は見渡せます。 保障のある簡易書留で郵送します。

      • 男性名義
      • 主催者
      • 13,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 2
全12件 1-12件目

Eifman Ballet (エイフマン・バレエ)のチケットを都道府県で探す

Eifman Ballet (エイフマン・バレエ)は、様々な文学作品を題材に独特のパフォーマンスを行うバレエの団体です。おとぎ話を追うプロセスではなく、作品を基に繰り広げられる人間の心理描写や時代背景をまざまざと見せつける演出は、世界中で評価されています。また、Eifman Balletの舞台は他の追随を許さないものなっていて、それは厳しい入団条件にも表れており、男性では身長182cm以上、女性では身長172cm以上をパスする必要があるほどです。それでもロシアだけではなく他の国からもダンサーが集まるのは、振付家のボリス・エイフマンが率いているバレエ団体だからであり、その完成された舞台は一目観ただけで誰もが魅了されます。また、上演されるアンナ・カレーニナでは主人公の心理描写と共に物語が展開されていく舞台を演出、ロダンでは静かな動きで彫刻が生み出されていくパフォーマンスを披露、その極限まで追求した身体表現には片時も目が離せません。鍛え抜かれ、磨き抜かれた体とパフォーマンスをボリス・エイフマンの手で演出される舞台は、見逃せないものとなっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口