エレファントカシマシのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数178,496枚、本日の新着チケット数1,258

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

エレファントカシマシ(エレカシ)のライブ・コンサートチケット一覧

エレファントカシマシ(エレカシ)は、2017年3月21日にデビュー30周年を迎えた日本の4人組ロックンロールバンドです。公式ファンクラブ名は「PAO」。ファンからはエレカシの愛称で親しまれています。メンバー編成・楽器担当は、宮本浩次(みやもと ひろじ /Vo&Gu)、石森敏行(いしもり としゆき /Gu)、高緑成治(たかみどり せいじ /Ba)、冨永義之(とみなが よしゆき /Dr)となっており、それぞれの愛称は、「ミヤジ」、「石君」、「成ちゃん」、「トミ」。ほとんどの楽曲の作詞作曲をフロントマンの宮本が行っています。代表曲には「今宵の月のように」や「悲しみの果て」、「俺たちの明日」などがあり、「ズレてる方がいい」(のぼうの城)や「Destiny」(ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜)といった映画やドラマの主題歌も数多く手がけるほか、「夢を追う旅人」(明治企業)や「ワインディングロード」(三菱自動車デリカD)など、CMにも多数の楽曲が起用されています。2017年リリースの30周年記念ベストアルバム「All Time Best Album THE FIGHTING MAN」では、オリコン最高順位3位を獲得。ライブにおいては、1998年“風に吹かれて”コンサートなど、複数回の武道館公演を行っており、大型ホールでのライブ実績も豊富です。日比谷野外音楽堂での野外コンサートや、東京国際フォーラムなどの大型ホールでの新春ライブも毎年のように行われており、全国各地をめぐるライブツアーも精力的に組まれています。他にも、「カウントダウンジャパンフェス」や「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」など、大規模フェスイベントにも多数出演しています。 2017年年末にはデビュー30年目にして紅白歌合戦に初出場。シングルリリースから20年経た「今宵の月のように」を披露しました。2018年3月には、トリビュートアルバムとしては3枚目となる「カヴァーアルバム3 ~A Tribute To The Elephant Kashimashi~」をリリース。田島貴男(ORIGINAL LOVE)、manaka(Little Glee Monster)、東京スカパラダイスオーケストラ×高橋一生、斉藤和義などがカバーしています。2018年6月25日よりZepp Nagoya、Zepp Namba、Zepp Tokyoなどのライブハウスで行うツアーの開催が決定されました。

エレファントカシマシ(エレカシ)の日程

すべての日程

エレファントカシマシ LIVE HOUSE TOUR
1日券 MONSTER baSH 2018 -8/19
1日券 SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018 -9/2
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全395件 1-100件目

エレファントカシマシ(エレカシ)のチケットを都道府県で探す







エレファントカシマシ(エレカシ)は1988年のメジャーデビューから現在に至るまでその独創的な世界観と音楽センスで日本のミュージックシーンを牽引しています。 バンドのリーダーでありほぼ全ての作詞・作曲作業に携わっている宮本浩次(Vo.Gt)が織り成す世界観は文学的で趣き深く、ストレートで耳なじみの良いメロディラインに乗せられた歌詞は聴き手の心に訴えかける力強さが宿っています。 洋楽ロックからの強い影響を受けながらも日本らしい叙情を核にした音楽性はアルバムをリリースする毎に進化を重ね、ブルースやフォーク、オルタナにグランジなど様々なジャンルを取り入れて来ました。アンダーグラウンドな雰囲気を持つ曲や親しみやすいメロディーのポップナンバーなど、懐の深さが彼らが放つ音楽の魅力の1つとなっています。 ライブでも彼らの情熱的な音楽は留まる事を知らず、力強い歌声と渾身の演奏で観る者全ての心に熱いメッセージを届けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口