エリソ・ヴィルサラーゼのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

エリソ・ヴィルサラーゼのコンサートチケット一覧

エリソ・ヴィルサラーゼは、1942年9月にジョージアの首都トリビシで生誕しました。有名音楽教師の祖母によるピアノのレッスンを受け、幼少期にピアニストの才能を開花させていました。モスクワ音楽院で名だたる演奏家に師事し、1962年にチャイコフスキー国際コンクールにおいて3位入賞を成し遂げました。その後も研鑽を積み重ね、1966年にロベルト・シューマン・コンクールで1位になっています。あらゆるロシア音楽を演奏のレパートリーに入れており、旧ソ連の著名な芸術賞を幾度も受賞しています。 2018年6月、すみだトリフォニーホール・大ホールで開催するピアノ・リサイタルの演奏曲目が発表されました。同年秋のエリソ・ヴィルサラーゼのピアノ・リサイタルでは、シューマンやショパンの作品を満喫できます。室内楽に興味を持っている方々が有意義な時間を過ごせるでしょう。

エリソ・ヴィルサラーゼは、ジョージアの芸術文化と強い結び付きを持っている名家で生まれ育ちました。物心つく前から室内楽に頻繁に触れていたため、18世紀~19世紀後期の音楽作品に親しみを感じています。特に、シューマンの作品を演奏する能力に長けており、「世界一のシューマン奏者」と称賛されています。彼女の定期リサイタルは、シューマンの作品の魅力を存分に体感できる絶好のチャンスです。ヨーロッパ諸国の他、世界各国のクラシック愛好家に大人気です。日本国内でも大規模なツアーを敢行し、話題になっています。著名な指揮者やオーケストラと共演し、室内楽を盛り上げています。 ソリストの活動に取り組む一方では、教育にも熱心です。モスクワ音楽院やミュンヘン音楽大学で教鞭をとり、後進の育成に努めています。音楽業界において優れた教育者として認知されているため、国際音楽コンクールの審査員を依頼される機会が少なくありません。参加者のレベルを適正にジャッジする姿勢は高く評価されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口