エマーソン北村のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

エマーソン北村のライブ・コンサートチケット一覧

エマーソン北村は、オルガンやシンセサイザーを中心とする鍵盤演奏や作曲・編曲をするアーティストです。バンド活動や80年代末にはJAGATARAとMUTEBEATに参加するなどライブ活動も頻繁にしていました。90年代には、ライブハウスでの活動につづき、初期のヒップホップやレゲエ曲の制作に関わるなど現代の音楽の先駆けにもなっています。その後、忌野清志郎&2・3'sをきっかけに、キーボードプレイヤーとして活動を本格的に開始しました。インディーズやメジャーを問わず多くのアーティストやバンドの楽曲などをサポートしてきました。2014年7月にはソロアルバム「遠近」を自主レーベルからリリースするなど自身の活動も積極的に行っています。

柔らかなグルーヴが魅力のエマーソン北村

皆さんはエマーソン北村というキーボードプレイヤーをご存知でしょうか。1962年5月17日生まれのキーボーディストとして、日本の音楽シーンを支えるプレイヤーと言われています。彼は、1980年代にJAGATARA、MUTE BEATの一員となって活動をする中で、忌野清志郎、斉藤和義、キセルなどのバンドにも参加した鍵盤奏者として有名です。そうした数多くのバンドに参加することで、ありとあらゆるシーンを彩る役割を担ってきました。その他にも、テレビドラマのエンディングテーマや劇中音楽としてリズムボックスやオルガンなどで参加をしたり、アーティストのライブアルバムの制作にも携わるなど、活躍の幅を広げているプレーヤーです。そんな彼が、約10年ぶりというソロアルバム「遠近に」を2014年7月にリリースしました。このアルバムでは、作曲から演奏、ミックスに至るまで、全てを彼一人で作り上げられているのが特徴です。スカ、ロックステディなど一つ一つの曲がシンプルで心に染みるような音色が印象的です。オルガンやシンセ、ピアノも登場し、彼らしさが満載の一枚に仕上がっている一枚で、この発売を記念して2014年10月15日(水)の梅田Club QUATTROでのイベントを筆頭に、各地へ出向いてのライブイベントの開催も決まりました。独特の柔らかな音色をぜひ体感してください。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口