チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

エナツの祟りのライブ・コンサートチケット一覧

エナツの祟りは「令和のバブルを呼び起こす!!」をコンセプトに活躍するバブリー系トランスポップロックバンドです。旧活動名である亜tra鵺Wolf-RayetStars(アヤトラウルフライエスターズ)として活動中に、BSフジのビートたけしの番組に出演し、ビートたけし本人に「ジュリアナの祟り」と命名されました。その後、令和元年5月1日に同じメンバー、コンセプトで「エナツの祟り」と改名し、2020年1月に「バブリー革命~ばんばんバブル~令和バブル盤 」で再メジャーデビューしました。所属事務所は株式会社アクアムンダアンドアソシエイツで、「バブリー革命~ばんばんバブル~」はTBSやテレビ朝日系の番組のエンディングテーマにも選ばれました。メンバーは5人で、中臣鎌足の子孫で現役の神主である蕪木蓮がボーカルを務め、彼はバンド公式グッズのイラストデザインも手掛けています。ドラマーでありリーダーでもある江夏亜祐は、全ての楽曲の作詞作曲とバンドのプロデュースを担当しています。落ち武者ヘアーが特徴の矢島銀太郎はベース担当で、メンバーの中でも一際存在感を放っています。翌桧ダンク冬雪は様々なキャラに扮するパフォーマーで、ライブの盛り上げ役です。同じくパフォーマーである佐川ネル秋吉は白い眼鏡が特徴で、YouTubeチャンネルなどのバラエティ動画の制作にも携わっています。2020年には各地でRAVEやワンマンライブを予定している彼ら、令和のバブルを呼び起こすようなエネルギッシュなエンターテイメントを身近で感じられるチャンスです。

現在、エナツの祟りの出品はありません。

1件目の出品は購入率が8倍!

この公演のチケットを出品する出品する

新着入荷があった際にメールでお知らせ!

新着メール

エナツの祟りのメンバーは、現在の活動名になる前の2010年から音楽活動を続け、年間200~300本以上ものライブをこなしてきました。その経験を通して培われた独自のエンターテイメント性は見るものを惹きつけ、圧倒します。中でも、ボーカルの蕪木蓮は抜群の歌唱力と癒やしのキャラクターで男女問わず様々な人を魅了しています。ライブ中は観客と一体感を感じさせるような簡単な振り付けと合いの手で盛り上げます。合言葉は「バブリー!」で、「バブリーMIX」「ガチ祟られ口上」などのオリジナルの掛け声がありますが、初めての人でもカンペがあるので一緒に楽しむことができます。ど派手なパファーマンスだけでなく、時にはしっとりしたバラードで聴かせてくれるのも魅力の一つです。中臣鎌足の子孫で現役神主のボーカル、にぎり寿司の考案者華屋与兵衛の子孫であるドラマー兼リーダー、役者としても活躍するパフォーマーの面々など、個性的なキャラクターが揃ったバンドメンバーが繰り広げるエンターテイメントは中毒者続出のライブとして注目を集めています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート