energy 笑う筋肉のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

energy 笑う筋肉のチケット一覧

energy 笑う筋肉とは、台詞や歌が無く、鍛え上げられたボディーを駆使してストーリーが進行する、新しいジャンルのミュージカルです。スポーツミュージカルとも呼ばれるもので、テレビ番組がきっかけとなって2001年12月9日、マッスルミュージカルとして誕生しました。その後、2011年まで活動を続け、2016年には他団体とのコラボを行い、2018年2月18日には1日限りの復活公演を舞台を行っています。そのマッスルミュージカルが2019年からenergyという呼称に変えて活動を行い、2019年3月8日(金)から2019年3月17日(日)まで、大阪のクールジャパンパーク大阪にてenergy 笑う筋肉と題して開催されます。内容は、体を叩くことでリズムを刻むボディスラップや、縄跳びや腕立て伏せなどの運動・スポーツをエンターテイメントに仕上げた舞台となっており、作・演出、及び振付を中村龍史が担います。出演は、オーディションを勝ち抜いた肉体美と身体技を誇る精鋭達、様々なパフォーマンスで観客を魅了する舞台です。

energy 笑う筋肉は、出演者のパフォーマンスでストーリーが形作られるミュージカルで、言葉や音楽の無い舞台で繰り広げられる世界は新鮮な驚きと共に、舞台から伝わる熱量に感動する人が続出です。人間の体だけで演じるリズムやストーリーを、体感という形で観客が受け取る新しいジャンルの舞台となっており、出演者が提供する様々な技には圧倒されます。また、作・演出や振付を担当している中村龍史は、2001年から始まったマッスルミュージカルに、2007年まで演出や構成、振付に携わっている人物で、数々のミュージシャンやアイドルの舞台にも関わる経歴の持ち主です。その斬新で、独特の発想には評価も高い中村龍史が作り上げるenergy 笑う筋肉は、自らの肉体も精神も鍛え挙げてきた男女が魅せる、体一つで芸術的とも言えるパフォーマンスが魅力的な舞台です。衣装も無く、歌も台詞も無い、観る側の想像力を刺激するenergy 笑う筋肉は、観客をも舞台へと参加させる、誰もが楽しめるミュージカルとなっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口