19/3/24(日) 14:00 とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)の公演 三遊亭円楽のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,778枚、本日の新着チケット数1,041

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

三遊亭円楽 第三回 笑門来福四人会 in ふくしま
19/03/24(日) 14:00 とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)

会場情報

「三遊亭円楽」は、落語家の名跡のひとつです。2010年から6代目の三遊亭円楽が活動しています。6代目が円楽の名前を襲名する前は三遊亭楽太郎と名乗っていました。6代目は1950年生まれの東京都出身で、大学生のときに師匠である5代目三遊亭円楽に弟子入りし、1976年に二つ目に昇進、1981年に真打に昇進しました。楽太郎の名前は弟子入り当時からのもので、真打に昇進すると改名する場合がありますが、円楽の襲名まで改名していません。楽太郎の時代から日本テレビ系列の演芸番組「笑点」への出演で知られていて、2010年に円楽を襲名したときは、番組上で「襲名披露口上」を行いました。その後、襲名披露公演が全国で行われています。桂歌丸など、別の落語家協会に属する落語家との交流も少なくありません。6代目三遊亭円楽の弟子としては、三遊亭楽生や実の息子である三遊亭一太郎などがいます。落語家の道を離れていますが、タレントの伊集院光もかつて弟子入りしていました。

三遊亭円楽の日程

すべての日程

三遊亭円楽 独演会
三遊亭円楽独演会
桂文珍・三遊亭円楽 二人会
特撰落語会 三遊亭円楽・桂文珍・林家たい平
三遊亭円楽・春風亭昇太 二人会
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 個性派五人の噺まつり
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 東西熱演競演会
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 見頃・聴き頃の東西会
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 色とりどりの芸を楽しむ会
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 東西世代交流の会
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 超豪華メンバーのフィナーレ

三遊亭円楽のチケットを都道府県で探す

三遊亭円楽の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/6/19()
  • 19:00
文京シビックホール(響きの森公会堂)

東京都

三遊亭円楽独演会
イ列18〜22番です。
1枚のみ4,900円/枚
  • 2019/3/18()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

平成紅梅亭 東西特選落語会 江戸の会
Q列10番台
1枚のみ2,000円/枚
  • 2019/3/18()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

平成紅梅亭 東西特選落語会 江戸の会
Q列10番台
残り1枚2,000円/枚
  • 2019/3/18()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

平成紅梅亭 東西特選落語会 江戸の会
Q列10番台
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/3/18()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

平成紅梅亭 東西特選落語会 江戸の会
Q列10番台
2枚連番(バラ売可)4,500円/枚
  • 2019/3/18()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

平成紅梅亭 東西特選落語会 江戸の会
O列、30番代。前が通路のお席です。
1枚のみ8,800円/枚
  • 2019/3/18()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

平成紅梅亭 東西特選落語会 江戸の会
Q列10番台
1枚のみ12,000円/枚
  • 2019/3/18()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

平成紅梅亭 東西特選落語会 江戸の会
A列20番台
1枚のみ12,000円/枚
  • 2019/3/18()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

平成紅梅亭 東西特選落語会 江戸の会
A列20番台
3枚連番(バラ売可)12,000円/枚
  • 2018/7/14()
  • 14:00
板橋区立文化会館 グリーンホール

東京都

板橋名人寄席
1階席 チケット未発券のため座席未定。1枚のみ
1枚のみ2,500円/枚
  • 2018/2/17()
  • 18:00
武蔵村山市民会館

東京都

三遊亭円楽 林家三平 二人会
全席指定 当日座席引換券 座席は引換えるまで未定です。
残り3枚(バラ売可)1,500円/枚

6代目三遊亭円楽のインテリジェンスな落語はまだ健在! かつて番組笑点の大喜利の中でインテリジェンスな雰囲気をかもしだしていた楽太郎が2010年円楽を襲名して、芸も円熟期に入りました。気障な風貌で、決して感情を表に出さない静かな物腰で、たまに毒を吐くと笑わずにいられないでしょう。中でもお得意は歌丸師匠ネタ。師匠の奥様のことや、師匠の風貌のことをおだやかな口調で、しかし厳しく指摘すると「出た」感マックスで、思わず誰もがクスリと笑わされてしまいます。でも本当は二人はとても仲が良く、二人会も開いていたり、プライベートでも一緒にゴルフをしたりしているとか。そういう舞台の上と普段のギャップが、またどこか我々のおかしみを誘ってくれるんですよね。 しかし三遊亭円楽はネタに入ると落ち着いて我々を物語の世界に引っ張り込みます。大声でもなく、小声でもない適度な声量、聞き心地のよい抑えた演技、まさに落語の神髄を究めた三遊亭円楽は独演会でも落語会でも絶好調で語っています!


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口