エバ・ジェルバブエナのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

エバ・ジェルバブエナのチケット一覧

世界的なフラメンコの舞踊家であり現代フラメンコの女王とも称されるエバ・ジェルブエナは、新作を披露する来日公演を2019年3月22日(金)、23日(土)、24日(日)に東京国際フォーラム ホールC(東京都)で開催します。 当日はエバ・ジェルブエナに加え、ゲストシンガーとしてNHK大河ドラマ「西郷どん」のOPテーマを歌唱した奄美民謡歌手里アンナが出演するほか、ギターにパコ・ハラーナ、歌にアルフレード・テハーダ、ミゲル・オルテガ、ドラムにアントニオ・コロネル、太鼓に前田剛史、パーカッションにラファエル・エレディア、舞踊にフェルナンド・ヒメネスがそれぞれ出演を予定しています。 来日公演では、3月22日(金)、23日(土)に2018年夏から上演されている最新作「Cuentos de Azúcar ~砂糖のものがたり~」を、3月24日(日)には今回の来日に合わせた特別作品「Flamenco Cardinal ~フラメンコの粋」を上演します。 日本とスペインの違いを共有し、お互いを理解しあう様を描いた作品は見逃せません。

エバ・ジェルブエナはスペインのフラメンコダンサー兼振付家で、世界を股にかけて活躍しています。11歳からフラメンコをはじめ、15歳からプロとして活動し始めました。彼女は20世紀最高のバレリーナであるマイヤ・プリセツカヤに「現在最高のフラメンコ舞踊家」と称されています。 エバ・ジェルブエナが舞うのは伝統的フラメンコのみならず、バレエやコンテンポラリーダンスなど幅広く、どのような踊りにおいても賞賛を受けています。フラメンコ界で最も栄誉ある舞踊国家賞をはじめさまざまな賞を受賞するほか、フェスティバルへの出演や、カルロス・サウラ監督やマイク・フィギス監督など映画作品への出演、ロエベやミッソーニといった有名ブランドのイメージモデルなどダンサーの枠を超えて活躍を続けています。 2019年には彼女の地元グラナダと奄美に似たような伝承や不思議な共通点を見出し、運命的なつながりを感じたという奄美歌手の里アンナをゲストに迎えた来日公演を開催しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口