エフゲニー・キーシンのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数139,525枚、本日の新着チケット数2,777

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

エフゲニー・キーシンのコンサートチケット一覧

エフゲニー・キーシンは、1971年にモスクワに生まれます。ロシア・イギリス・イスラエル、3つの国籍を持つという、多重国籍で国際的なピアニストです。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、やロンドン交響楽団、また日本人で世界的指揮者の小澤征爾など、数多くの楽団や指揮者と共演を果たしています。日本で初めてリサイタル全国ツアーを行ったのは1986年です。その後、しばらく来日が途絶えてしまいます。来日が途絶えていた間、世界中で活躍をしていた彼ですが、1990年カーネギーホールにて、百周年の開幕を飾るリサイタルを行い、アメリカデビューも果たしています。この日の演奏は録音され、CD化されると今まで以上に賞賛され、エフゲニー・キーシンの名前をより一層、世に広まるきっかけとなりました。2018年11月からは日本でのリサイタルツアーが、2014年以来4年ぶりに開催となります。横浜、東京、大阪の三都市での開催となります。

エフゲニー・キーシンの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/11/14()
  • 19:00
東京芸術劇場

東京都

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
D席 3階H列 13〜24番 (前通路)
2枚連番(バラ売可)8,700円/枚
  • 2018/11/14()
  • 19:00
東京芸術劇場

東京都

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
S席 1階M列19番
1枚のみ15,000円/枚
  • 2018/11/14()
  • 19:00
東京芸術劇場

東京都

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
S席1階最前列13~17番 手元が見えます
1枚のみ24,000円/枚
  • 2018/11/6()
  • 19:00
サントリーホール

東京都

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
Pブロック前方席の7〜9番ですが。
1枚のみ8,000円/枚
  • 2018/11/6()
  • 19:00
サントリーホール

東京都

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
D席 P5列10~27番
1枚のみ9,000円/枚
  • 2018/11/6()
  • 19:00
サントリーホール

東京都

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
B席 2階LD4列1番~12番内
1枚のみ15,000円/枚
  • 2018/11/6()
  • 19:00
サントリーホール

東京都

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
1階18列36番~38番(S席)
1枚のみ15,000円/枚
  • 2018/11/6()
  • 19:00
サントリーホール

東京都

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
S席1階1列中央ブロック コンビニ発券
1枚のみ18,500円/枚
  • 2018/11/2()
  • 19:00
横浜みなとみらいホール

神奈川県

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
3階C1列17番、18番
2枚連番(バラ売不可)6,000円/枚
  • 2018/11/2()
  • 19:00
横浜みなとみらいホール

神奈川県

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
2階バルコニー・P指定席 P3列10番代後半
1枚のみ11,000円/枚
  • 2018/11/2()
  • 19:00
横浜みなとみらいホール

神奈川県

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
1階・2階正面指定席 1枚 1階 C27列 1〜10番代
1枚のみ12,000円/枚
  • 2018/11/2()
  • 19:00
横浜みなとみらいホール

神奈川県

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
1階C5列10番台後半 中央ブロックの鍵盤が良く見える良席です。
1枚のみ18,000円/枚

1971年にモスクワに生まれたエフゲニー・キーシンは、とても幼い頃から音楽を始めています。2歳の頃には、すでにピアノの演奏を始め、3歳では作曲も行っていたと言われています。彼は6歳の時に、モスクワにある有名なグネーシン音楽学校へ入学します。入学してわずか4年後の10歳の時にはモーツァルトの協奏曲(K.466)を弾いてデビューを果たし、11歳ではモスクワで初めてのソロリサイタルを行ったことで、さらに注目を集めました。1990年にはカーネギーホールで演奏をし、ロシア国外のアメリカでのデビューもしています。ロシア国外へ出ることがほとんどなかった彼ですが、これをきっかけに、世界中を飛び回りながら、一流のピアニストとして数多くの有名指揮者や楽団と共演を果たしています。グラミー賞も三度受賞しており、彼のピアニストとしての地位は確固たるものとなっています。また、2017年には、幼馴染であった女性と結婚をしており、この環境の変化がどのように音色として変化してくるのか、注目したいところです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口