横浜F・マリノスのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数159,790枚、本日の新着チケット数340

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

横浜F・マリノスのチケット一覧

横浜F・マリノスは、神奈川県横浜市・横須賀市・大和市をホームタウンとするプロサッカークラブです。クラブ名の「F」はかつて存在したクラブ、横浜フリューゲルス(1999年に合併)の名残であり、「マリノス」は、スペイン語で船乗りを意味する単語です。クラブカラーはブルー・レッド・ホワイトのトリコロールカラーを採用しています。所属リーグは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)で、ホームスタジアムは日産スタジアムです。前身は1972年創部のアマチュア団体「日産自動車サッカー部」であり、1993年のJリーグ開幕に合わせる形でプロクラブ化し「横浜マリノス」に改組しました。1999年には横浜フリューゲルスと合併し、現名称に変更しています。いわゆる「Jリーグオリジナル10」の一角としてJリーグに参加を果たしており、2018年現在まで下部リーグへの降格経験は皆無です。オリジナル10のJ2降格が相次ぐ中でこの実績は、横浜F・マリノスと鹿島アントラーズのみとなっています。これまでの獲得タイトルはリーグ戦年間優勝3回、リーグ戦ステージ優勝計5回、天皇杯優勝2回、ヤマザキナビスコカップ優勝1回、アジアカップウィナーズカップ優勝2回と多岐に渡ります。また、所属選手の受賞歴もベストイレブンなど多々存在し、中でも年間最優秀選手の座は中村俊輔・中澤佑二の2名が得ています。1993年にはラモン・アンヘル・ディアスがJリーグ初代得点王に輝くなど、初期の頃から数々のスター選手を輩出しています。クラブの育成組織はトップチームのほか小学生から高校生までのコースがあります。中村俊輔も当育成コース出身でした。現在の監督は元オーストリア代表のアンジェ・ポステコグルー、キャプテンはDFの中澤佑二です。クラブのマスコットキャラクターはカモメがモチーフのマリノス君、マリノスケです。2018年明治安田生命J1リーグの今後の試合日程は、11月3日対FC東京(ホーム試合)、V・11月10日対ファーレン長崎、11月24日対サガン鳥栖、12月1日対セレッソ大阪です。

横浜F・マリノスの日程

すべての日程

J1リーグ 第2節 横浜F・マリノスvsベガルタ仙台
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第1節 横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌
J1リーグ 第3節 横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ
J1リーグ 第5節 横浜F・マリノスvsサガン鳥栖
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第3節 横浜F・マリノスvsV・ファーレン長崎
J1リーグ 第7節 横浜F・マリノスvs名古屋グランパス
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節 横浜F・マリノスvs
J1リーグ 第9節 横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ
J1リーグ 第12節 横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸
J1リーグ 第13節 横浜F・マリノスvsジュビロ磐田
J1リーグ 第16節 横浜F・マリノスvs松本山雅FC
J1リーグ 第18節 横浜F・マリノスvs大分トリニータ
J1リーグ 第19節 横浜F・マリノスvs浦和レッズ
J1リーグ 第21節 横浜F・マリノスvs清水エスパルス
J1リーグ 第23節 横浜F・マリノスvsセレッソ大阪
J1リーグ 第25節 横浜F・マリノスvsガンバ大阪
J1リーグ 第1節 ガンバ大阪vs横浜F・マリノス
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第2節 湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス
J1リーグ 第4節 大分トリニータvs横浜F・マリノス
J1リーグ 第6節 浦和レッズvs横浜F・マリノス
J1リーグ 第8節 北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス
J1リーグ 第10節 サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第5節 北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス
J1リーグ 第11節 セレッソ大阪vs横浜F・マリノス
J1リーグ 第15節 清水エスパルスvs横浜F・マリノス
J1リーグ 第17節 FC東京vs横浜F・マリノス
J1リーグ 第20節 ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス
J1リーグ 第22節 鹿島アントラーズvs横浜F・マリノス
J1リーグ 第24節 名古屋グランパスvs横浜F・マリノス
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全29件 1-29件目

横浜F・マリノスのチケットを都道府県で探す




横浜F・マリノスは、神奈川県横浜市および横須賀市、大和市がホームタウンのクラブチームです。運営会社の横浜マリノス株式会社は、日産自動車を筆頭株主に、マンチェスター・シティFCを運営するシティ・フットボール・グループなどが出資しています。クラブの前身は日産自動車サッカー部で、1979年に日本サッカーリーグ(JSL)1部に昇格し、当時の日本サッカー主要大会で三冠を制するなど伝統のあるクラブチームです。1990年代のJリーグ発足当時から加盟しており、オリジナル10としてJ1リーグを代表するチームの一つです。これまでに多数のタイトルを獲得しており、近年では2013年の天皇杯JFA 全日本サッカー選手権大会で優勝に輝きました。若手育成にも力を入れており、県内にサッカースクールを8校設置しいます。育成コース出身である中村俊輔がプロデュースした「Shunsuke Park FUTSAL COURT」でも開校しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口