Fear,and Loathing in Las Vegasのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Fear,and Loathing in Las Vegasのライブ・コンサートチケット一覧

6人組の日本のポスト・ハードコアバンドFear,and Loathing in Las Vegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)、通称「ラスベガス」は全ての公演にゲストを迎えたツアー「Move Ahead Tour 2018」を開催しています。公演は2018年10月5日の金沢 EIGHT HALLを皮切りに全国を巡り、12月6日(木)のZepp Osaka Bayside(大阪府)で幕を閉じます。ゲストとしてKEYTALK、ENTH、アルカラ、LONGMAN、The BONEZ、キュウソネコカミ、八十八ヶ所巡礼、HER NAME IN BLOODなどがそれぞれの公演に登場します。 ポスト・ハードコアをベースに、トランスの要素が加えられた楽曲とボーカルのスクリームが非常に特徴的なFear, and Loathing in Las Vegasは、2008年に神戸で結成されました。2010年にタワーレコード限定でリリースされたアルバム「Dance&Scream」でデビュー。その後、2013年には地元である神戸ワールド記念ホールで初のワンマンライブを開催し、翌2014年1月にはシングル「Rave-upTonight」をリリースし19,000枚を売り上げました。 2015年になると関東初ワンマンとして武道館公演を開催しソールドアウト、同年に全国47 都道府県を巡るロングツアーを敢行しました。結成2015年になると関東初ワンマンとして武道館公演を開催しソールドアウト、同年に全国47 10周年となる2019年には神戸ワールド記念ホールで2日間に渡るフェス「MEGA VEGAS」の開催を宣言しています。 Fear, and Loathing in Las Vegasはエモ、スクリーモ、メタル、テクノ、トランス、Hip Hopからそれらとは程遠いアニソンまで、多種多様なジャンルを詰め込んだ予測不能でありながらもドラマティックな彼ら独自の音楽性を持っています。それに加え、老若男女問わず会場にいる全ての人々を踊り狂わせるような圧倒的なライブパフォーマンスで国内のみならず海外でも熱烈な支持を受けています。 デビュー以来、彼らの楽曲はアニメやゲームの関連ミュージックや、バラエティ番組で使用されており、バンドのことは知らなくとも楽曲は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。楽曲の魅力をふんだんに感じられるライブはとても人気があり、ボーカルの力強いヴォイスを中心に、超絶テクニックを駆使したリアルタイムのシンセサイザーサウンドを楽しむことができます。

Fear,and Loathing in Las Vegasの日程

すべての日程

Fear, and Loathing in Las Vegas
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決Fear, and Loathing in Las Vegas

    • Zepp Osaka BaySide(大阪府)
    • 1F前方スタンディング。オフィシャル先行で取りました、行けなくなったため出品します。現在前方スタンディングは売り切れてますのでお勧めです。落札後、こちらから連絡ボードにて発券番号をお伝えいたしますので、コンビニで発券してください。 未発券のため番号は不明です。

      • コンビニ発券
      • プレイガイド
      • 6,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 2
全1件 1-1件目

Fear,and Loathing in Las Vegasのチケットを都道府県で探す







Fear,and Loathing in Las Vegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)は、日本のアーティストのなかでもシンセサイザーやコンピュータを多用したテクノ、トランスの印象がありますが、デビュー以来アニメやゲームの関連ミュージックや、バラエティ番組でもその楽曲がつかわれていて、なにげなく聞いたことが有る人も多いです。そのライブはとても人気があり、ボーカルの力強いヴォイスを中心に、リアルタイムの超絶テクニックを駆使したシンセサイザーサウンドが楽しめます。ボーカルの語りの部分もさりげなくコンサートの雰囲気を盛り上げてくれます。舞台演出もテクノ系ということも有り、かっこいいライティングを使ったダンサブルなものであり、曲にあわせて踊ったり歌ったするファンもいて、とにかく盛り上がれる内容となっています。彼らのことをしらない音楽ファンでも、その音楽性の高さから、すぐに没入できるものになっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口