フェルメール展のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数139,241枚、本日の新着チケット数1,306

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

フェルメール展のチケット一覧

「フェルメール展」は、2018年10月5日(金)から2019年2月3日(日)まで、東京・上野の森美術館で開催されます。・ヨハネス・フェルメールは、寡作で知られ国内外で不動の人気を誇る、オランダ絵画黄金時代の巨匠です。彼の現存する作品35点のうち9点が東京にやってくる、日本美術展史上最大の「フェルメール展」です。「ワイングラス」「赤い帽子の娘」「取り持ち女」を含む9点が、欧米の主要な美術館から特別に貸し出され、日本初公開となります。フェルメール作品だけでなく、17世紀のオランダ絵画の広がりと独創性を紹介すべく約50点が展示されます。大変な混雑が予想されるため、来場者の入場、観覧をスムーズに行えるよう、美術展では適用が少ない「日時指定入場制」でチケットが販売されます。また来場者全員には、女優・石原さとみがナレーションを担当する「音声ガイド」が無料で提供され、名画の鑑賞ポイントや、キャンバスに隠されたエピソード、画家たちについての雑学・豆知識などを知ることができます。

フェルメール展の日程

すべての日程

フェルメール展
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全2件 1-2件目

フェルメール展のチケットを都道府県で探す

オランダ絵画黄金時代の巨匠、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)は、国内外で不動の人気を誇る画家です。寡作で知られ、現存する作品はわずか35点とも言われています。2018年10月から開催される「フェルメール展」では、日本美術史上最大数、「ワイングラス」「赤い帽子の娘」「取り持ち女」を含む9点が日本で初めての公開となります。オランダ最高の写実主義者と言われるほど、その画風は緻密な描写と、隅々まで綿密に考えられた構図が特徴であり、“光の魔術師”とも呼ばれます。フェルメールの絵画に見られる「フェルメール・ブルー」と呼ばれる鮮やかな青色も有名で、非常に貴重な鉱石「ラピスラズリ」を原材料とした「ウルトラマリンブルー」という絵の具を使用しています。17世紀、ラピスラズリは金よりも貴重といわれ、ウルトラマリンブルーは通常の青い絵の具の100倍もの値段がついたといいます。この絵の具を限られた部分にしか使わない画家が多い中、フェルメールはふんだんに使用しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口