フライングキッズのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

フライングキッズ(FLYING KIDS)のライブ・コンサートチケット一覧

フライングキッズは1988年に結成のファンクバンドです。9人のメンバーで活動しています。メンバーは、ボーカル担当の浜崎貴司とElli、ギターとコーラス担当の丸山史郎、加藤英彦、伏島和雄、ドラム担当の中園浩之、キーボード担当のSWING-O、サックス担当の宇賀まり、パーカッション担当の竹本一匹です。「平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国」で初代グランドチャンピオンとなったことをきっかけに、1990年4月に「幸せであるように」でデビューします。代表曲は、テレビ番組「ミュージックスクエア」のエンディングテーマとなった「君にシャラララ」です。また、天国まであと3歩シリーズの最初の作品である「GOSPEL HOUR」などがあります。結成30周年を迎えた2018年は、2月14日にアルバム「みんなあれについて考えてる」を発表。また、「FLYING KIDS 結成30周年記念 東阪LIVE 日本のファンクのカリスマですが、なにか?」を9月29日に大阪で、10月12日に東京で開催します。

フライングキッズ(FLYING KIDS)の日程

すべての日程

45fes(スウィンゴフェス) 2019
【2日通し券】中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全7件 1-7件目

フライングキッズ(FLYING KIDS)のチケットを都道府県で探す

フライングキッズの魅力は、ポップでファンクなビートに乗せた浜崎貴司とElliのシャープな歌声です。特に浜崎貴司の野性味溢れる歌声もファンの魅力の1つとなっています。また、演奏技術の高さにも定評があります。例えば、2018年2月に発表したアルバム「みんなあれについて考えてる」の中で、ギター担当の丸山史朗と加藤英彦は、曲の進行に伴って表現を変えたキレのあるカッティングギターを披露しています。アルバム「みんなあれについて考えてる」は、ポップでファンクな曲に加え、時にはねぶたの掛け声を乗せたり、時には曲調をワルツに変えたりと、遊び心が溢れるアルバムとなっています。そして、浜崎貴司が手掛ける歌詞も、一生青春という哲学が溢れるものとなっています。「平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国」で初代グランドチャンピオンでデビューしたフライングキッズは、デビュー30周年を迎えた2018年でも新たな魅力を発信し続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口