FRICTIONのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

FRICTIONのライブ・コンサートチケット一覧

1978年に結成され、40年経った今もその衝撃は変わらない唯一無二の存在ともいえるパンクロックバンドFRICTION(フリクション)。当時、日本のパンクムーブの象徴として、FRICTIONのほか、LIZARD、Mr.KITE、MIRRORS、S-KENとともに「東京ロッカーズ」と称して活動していました。1980年に当時YMOのメンバーとして世界的に有名だった坂本龍一のプロデュースによる1st.アルバム『軋轢』でメジャーデビュー、メンバーチェンジを繰り返しながら1996年に活動停止しますが2006年に復活。現在のペースとドラムスというデュオ編成となりました。そして2018年8月28日、渋谷クアトロで6年ぶりのライブ「SUCKER PUNCH 」が開催されます。ほかには、シュガー吉永と吉村由によるMETALCHICKSと、竹久圏、早川俊介によるKIRIHITOが参加予定です。渋谷クアトロのオープン当初から縁のあるFRICTION(フリクション)が圧倒的で衝撃的なエネルギーでオープン30周年を盛り上げます。

FRICTION(フリクション)は、1978年、パンクの熱気に溢れるニューヨークから日本へ帰国したレック(ベース)と、チコ・ヒゲ(ドラムス)、元ブロンクスのラピス(ギター)の3人で結成されたパンクロックバンドです。バンド名は、ニューヨークパンクの代表的バンド、テレビジョンのファーストアルバム『マーキー・ムーン』の収録曲から名付けられました。1980年、坂本龍一のプロデュースによる1st.アルバム『軋轢』でメジャーデビュー。この「軋轢」によって、FRICTIONの知名度は全国区となります。しかし、それから幾度とないメンバーチェンジを経て、1996年11月のライブを最後に活動を休止しました。そして2006年、レックと中村達也(元ブランキー・ジェット・シティのドラマー)のベース&ドラムという2人編成で再始動。2009年には、2人編成での初作品であるミニアルバム『Deepers』を発表しました。ギターレスとは思えないほどの厚みとグルーブで、サイケデリックでロックンロールな作品です。2010年には、再始動以降のライブを収録した2枚組ライブ・アルバム『2013-Live Friction』をリリース、新生FRICTIONの最高音源ともいえる一枚です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口