18/12/5(水) 18:30 長岡市立劇場の公演 藤井フミヤのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数154,071枚、本日の新着チケット数688

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

藤井フミヤ 35th ANNIVERSARY TOUR 2018 35 Years of Love
18/12/05(水) 18:30 長岡市立劇場

会場情報

藤井フミヤは日本のミュージシャンであり、俳優です。福岡県久留米市出身で、1962年7月11日生まれです。公式ファンクラブの名称は「FF」で、会報誌として「FFF」が発行されています。 中学生の頃にキャロルを聴いた事がきっかけで音楽を始め、1980年に実の弟である藤井尚之らと共に7人組ポップスバンド「チェッカーズ」を結成しました。リードボーカルを務めるようになると、ヤマハ主催のバンドコンテストで最優秀賞を勝ち取るなど早くも頭角を現しました。1983年にシングル「ギザギザハートの子守唄」でチェッカーズとしてメジャーデビューを果たすと数々のヒットナンバーを連発、1984年から9年連続で紅白歌合戦に出場し、社会現象とも言える人気を博します。 1992年にチェッカーズは解散、本名の藤井郁弥を「藤井フミヤ」という表記に変更し、ソロアーティストとしての活動を開始します。1993年11月にシングル「TRUE LOVE」をリリース。藤井フミヤ名義で再デビューを飾ると本作が240万枚という爆発的なセールスを記録してオリコン1位を獲得、翌1994年4月に発売されたアルバム『エンジェル』もオリコン1位を獲得し、輝かしいスタートダッシュを切りました。1996年8月リリースの「Another Orion」はTBS系ドラマ「硝子のかけらたち」の主題歌に抜擢され、120万枚の売り上げでオリコン1位となっています。 甘い歌声と卓越した歌唱力も去ることながら作詞作曲の実力も高く評価されており、猿岩石の「白い雲のように(作詞)」やMISIAの「星空の片隅で(作詞作曲)」など楽曲提供活動も行うようになりました。楽曲製作と平行して精力的なライブ活動も行い、2008年当時には日本武道館での公演回数が歴代1位タイをマークしています。 2013年にデビュー30周年、ソロデビュー20周年を迎え、記念シングルとして「青春」をリリースし大規模なアニバーサリーツアーを慣行しました。2017年には世界的な活躍を見せる指揮者の西本智実と共にフルオーケストラでの公演を実現、デビュー30年を経過してなお自身の音楽性の幅を広げ続けるアーティストです。 また、チェッカーズ時代よりそのファッションセンスが注目され、彼の先進的な着こなしを模倣する若者が絶えませんでした。音楽以外の芸術分野にも造詣が深く、「FUMIYART(フミヤート)」という個展を開いたり、世界最大の万華鏡としてギネスブック認定されている名古屋パビリオン『大地の塔』のプロデュースを手がけるなどマルチな才能を発揮しています。

藤井フミヤの日程

すべての日程

藤井フミヤ 35th ANNIVERSARY TOUR 2018 35 Years of Love
藤井フミヤ LAST COUNTDOWN PARTY ②018-2019
アブラーズ アブラライブ2018 Roots Of Groove
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 藤井フミヤ 35th ANNIVERSARY TOUR 2018 35 Years of Love

    • 長岡市立劇場(新潟県)
    • 2列(実質1列目)16~24、37~45のいずれか2連番 職場から近い会場だったので平日でも行けると思って予約したところ、遠方に転勤になってしまいました。良席です。行って下さる方いませんでしょうか。

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 20,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 藤井フミヤ 35th ANNIVERSARY TOUR 2018 35 Years of Love

    • 長岡市立劇場(新潟県)
    • 座席未定 有料会員先行予約で当選しましたが、主催者枠優先でも当選してしまいダブってしまいました。

      • コンビニ発券
      • プレイガイド
      • 10,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 2
全5件 1-5件目






今も忘れられることはない、国民的男性アイドルバンド・元チェッカーズのボーカル、藤井フミヤ。1992年のバンド解散後ソロ活動を始め、現在も多くの国民から愛され続けている、正真正銘の日本が誇るアーティストです。忙しい日々を送る中、単身アメリカに渡り音楽の勉強をしたという勤勉家な一面も持っております。ヒット作の楽曲のイメージからは「おとなしい男性」と思い浮かべがちですが、本人はそのイメージを打破すべくコンピューターグラフィックを中心とした個展を開いたり、映画・テレビドラマ出演で俳優業もこなすなど、まさにマルチタレントの持ち主。そんな彼が演出するライブは、独創的なアイディアが組み込まれ毎回話題になります。多彩なジャンルの楽曲の数々と多彩な才能を操る彼ならではの演出で、ファンのみならず会場にいる全ての人を魅了することは間違いなし。全国各地で行われるツアー、一度は会場に足を運び藤井フミヤワールドに染められてみてはいかがでしょうか。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口