19/5/17(金) 19:30 京都ラグ(LIVE SPOT RAG)の公演 藤巻亮太のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,984枚、本日の新着チケット数2,832

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

藤巻亮太 弾き語り LIVE TOUR 2019
19/05/17(金) 19:30 京都ラグ(LIVE SPOT RAG)

会場情報

藤巻亮太は、日本のシンガーソングライターです。 スリーピースロックバンド・レミオロメンのボーカル兼ギターを担当していました。 2001年からレミオロメンとして音楽活動を開始しました。「3月9日」「粉雪」「太陽の下」など多数のヒット曲を輩出し、2012年2月1日よりバンドは活動休止しました。2018年5月31日、それまでの所属事務所・烏龍舎から独立を発表しました。ソロアーティストとしては、2012年2月29日にシングル「光をあつめて」でデビューしました。 翌年1月からは、ソロとして初の全国ツアー「藤巻亮太 TOUR 2013 "オオカミ青年"」にてなんばHatch、TOKYO DOME CITY HALL、札幌PENNY LANE 24など8か所で開催しました。 9月からは弾き語りツアー「明日の歌旅 2013」を開催し、宮城・石巻ブルーレジスタンス公演を皮切りに、11月の郡山Hip Shot Japanまで全国のホールおよびライブハウスを回る計18公演のツアーとなりました。 また、2014年には前年に訪れていないエリアを中心とした全国6カ所の続編ツアー「明日の歌旅2014」を開催しました。2016年2月には全国ツアー「藤巻亮太 TOUR 2016〜歌旅編〜」が開催。するなど、精力的にライブ活動を行なっています。2018年10月7日、自身初の主催フェス「Mt.FUJIMAKI2018」を地元の山梨で開催しました。2019年4月6日より、全国ライブツアー「藤巻亮太 弾き語り LIVE TOUR 2019」を開催します。

藤巻亮太の日程

すべての日程

藤巻亮太 弾き語り LIVE TOUR 2019
YURAKUCHO LIVE SQUARE 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決藤巻亮太 弾き語り LIVE TOUR 2019

    • 京都ラグ(LIVE SPOT RAG)(京都府)
    • 全席自由 整理番号S 50~70番 落札後はすみやかに落札者様へ発送させていただきます。何卒よろしくお願い致します。

      • 名義なし
      • ファンクラブ
      • 10,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
全1件 1-1件目

藤巻亮太は、シンガーソングライターです。1980年1月12日、山梨県で生まれました。中学生の頃に友人とセッションしたユニコーンの「すばらしい日々」がきっかけとなり音楽の道を志し、大学生の頃にはラインというバンドで活動していました。2001年より、小・中・高の同級生である前田啓介、神宮司治とともにレミオロメンとして活動を開始しました。2003年3月12日にミニアルバム「フェスタ」でインディーズデビューを果たし、同年8月20日に「電話」でメジャーデビューしました。レミオロメンではほとんどの楽曲で作詞・作曲を担当していました。2012年2月1日のバンド活動休止以降はソロとして活動中です。多数のギターを所有しており、ライブでは曲ごとにギターを交換しています。ストラトキャスターやジャズマスターなどを使用することが多いです。ワンマンライブのみならず、多数の音楽フェスにも出演しており、レミオロメン時代の楽曲が披露されることもあります。そして音楽以外にも活動の幅を広げており、2009年には富士登山に初挑戦しました。そして登山家・野口健との対談がきっかけとなり2010年末から2011年にかけてヒマラヤ登山を共に行なっています。東日本大地震が発生した折には歌の炊き出しを行い、その際に完成した「光をあつめて」でソロデビューを果たしました。2019年春には、ファンからの人気投票による選曲で、レミオロメンのセルフカバーアルバム「RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010」を製作しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口