チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

富士急ハイランドのチケット一覧

富士急ハイランドは、富士急行グループが経営する山梨県内の遊園地です。細かい位置情報としては、富士山の北側に広がる富士吉田市と富士河口湖町をまたいだエリアに存在しており、1964年に開園しました。なお、1980年代頃までは、遊園地の人気や知名度は緩やかに伸びているような状態でした。そんな状況を打破するため1990年代半ばからは次々に画期的な絶叫マシンを新設するようになります。すると、東京都心から電車で車・バスでやってくる人が急増するようになり、絶叫マシンを楽しめる遊園地の代名詞的な存在となっていきました。2000年代に入るとフジヤマミュージアムという美術館やふじやま温泉という天然温泉施設などをオープンさせていった事により、より幅広い人達からの人気を獲得します。2013年にはリサとガスパールタウンという無料エリアがオープンし、このエリアで毎年開催されるイルミネーションイベントも人気に拍車をかけています。なお、年末には一流芸人が多数参加するカウントダウンイベントを開催しており、2018年も大晦日に観覧無料のイベントが盛大に行われます。

富士急ハイランドの日程

すべての日程

富士急ハイランド

富士急ハイランドのチケットを都道府県で探す

富士急ハイランドの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/1/5()
  • まで
富士急ハイランド

山梨県

富士急ハイランド
2019/01/05まで使用可能な大人フリーパス3枚引き換え電子チケット(QRコード)です。
3枚連番(バラ売不可)3,000円/枚

富士急ハイランドの最大の魅力と言えるのは、敷地と富士山との間に視界を遮るものは何もないため、園内各地から間近に位置する富士山を見渡せる事です。特に絶叫マシンは富士山やその周囲の景色がよく見えるように設計されていて、高い場所を通る乗り物からは富士山を裾野まで完全に見る事が出来ます。また、富士急ハイランドは2018年夏から入場が無料になりました。つまり、例えば園内から富士山の姿を楽しんだり、リサとガスパールタウンのクリスマスイルミネーションや観覧無料イベントを鑑賞するだけなら一切お金がかかりません。アクセス環境の良さも魅力で、北側の出入り口のすぐそばに富士急行線の駅があります。富士急行線に乗り入れるJR特急の上り列車は河口湖駅を出発してから富士急ハイランド駅に停車しますが、その特急に乗るとちょうど2時間で新宿駅に戻れます。つまり、東京都心からでも意外と簡単に日帰りで遊びに行けるこの遊園地は、山梨県民だけでなく東京都民にとっても注目のスポットです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート