二人目のジャイアンのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

二人目のジャイアンのライブ・コンサートチケット一覧

二人目のジャイアンは八人組のバンドです。バンドのボーカル担当はMasaで、バンドのリーダーも務めています。パーカッションを担当しているのがKouで、好きなアーティストは松任谷由実です。Kouはバンドマスターやコーラスも担当しています。ギターを担当しているのはNe-zeで、出身地は山口県です。ベースを担当しているのがFukuoで、血液型はA型です。ドラムスを担当しているのがYocoで長野県の出身です。二人目のジャイアンは管楽器を担当しているメンバーが複数いることも大きな特徴です。サックスを担当しているのがTomoyaで京都出身のAB型です。トロンボーンを担当しているのがShinnosukeで、山形県出身で、東京スカパラダイスオーケストラが好きなミュージシャンです。 トランペットを担当しているのがYutaで、Yutaは制作にも携わっています。バンドは2011年に結成されて、同年にファーストアルバム『ハジメテノジャイナ』をリリースしています。2013年の1月にはセカンドアルバム『二枚目のジャイナ』をリリースしています。2019年にはKeep On Music tour 2019を全国各地で開催する予定です。

二人目のジャイアンの日程

すべての日程

二人目のジャイアン Keep On Music tour 2019

二人目のジャイアンのチケットを都道府県で探す

二人目のジャイアンはその個性的なバンドの名前からは想像もつかないほどの、優れた音楽性を持ったバンドです。三人の管楽器奏者を含めた八人のメンバーが作りだす音楽は、多人数のバンドでしか生み出せないような迫力があります。ライブパフォーマンスが優れているのもこのバンドの魅力で、ライブでしか聴けない生のバンドサウンドを楽しむことができます。二人目のジャイアンは曲の歌詞も大きな魅力です。バンドで主に作詞・作曲を担当しているのは、ボーカルのMasaです。Masaのボーカルと大人数のメンバーが作り出すバンドサウンドの融合が、二人目のジャイアンの音楽の際立った個性になっています。特にバンドのサウンドを際立たせているのが、三人のホーン担当のメンバーです。サックスとトロンボーンとトランペットという異なる個性を持った楽器が、上手に融合されています。またバンドマスターをしているKouのパーカッションも、バンドの音作りに重要な役割を果たしています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口