ガンバ大阪のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数149,625枚、本日の新着チケット数2,244

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ガンバ大阪のチケット一覧

ガンバ大阪は、大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市などの北摂・北河内地域をホームタウンとしたJ1所属のプロサッカーチームです。クラブカラーは、ブルーとブラックです。クラブ創設は1980年、Jリーグ加盟は1991年です。2017年までに獲得したタイトルは、アジア・チャンピオンズリーグ優勝1回、リーグ優勝2回、ルヴァン・カップ優勝1回、天皇杯優勝4回です。2017年のJ1成績は10位でした。クラブ名になっている「ガンバ」は、イタリア語で「脚」という意味で、「脚」によって強いチームを目指すといった意味が込められています。エンブレムはかつては、マスコットであるガンバボーイでしたが、正式にエンブレムができてからは、ブルーとブラックで大阪府の府鳥になっている百舌鳥をアレンジし、サッカーボールとともに描かれています。初めてのJ2降格となった2013年から2017年まで、長谷川健太が監督を務め、選手にはDF今野泰幸・MF遠藤保仁ら日本代表経験のある者も多数おり、非常に選手層の厚いチームです。2018年には、ブラジル人のレビークルピが監督に就任しましたが、プレーオフ圏内で低迷していた7月、途中解任され、後任にはガンバ大阪トップチームのコーチ兼U-23監督で元日本代表のDF、宮本恒靖が就任しました。その後、チームは連勝や逆転勝利など順位を上げています。地元愛が強いのが特徴であり、ホームタウンでのチャリティー活動や地元民と触れ合うなどの「ガンバシト」にも力を入れていて、その分熱狂的なファンも多いです。また、ジュニア世代の育成にも力を入れており、世界に通用する名選手を数々生み出しています。2018年シーズンのガンバ大阪の試合として、2018年11月10日(土)にJ1リーグ 第32節 湘南ベルマーレ戦が大阪で、11月24日(土)に第33節 V・ファーレン長崎戦が大阪で、12月1日(土)に第34節 柏レイソル戦が千葉で開催されます。

ガンバ大阪の日程

すべての日程

J1リーグ 第33節 ガンバ大阪 vs V・ファーレン長崎
J1リーグ 第34節 柏レイソル vs ガンバ大阪
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全132件 1-100件目

ガンバ大阪のチケットを都道府県で探す







ガンバ大阪は、J1所属のプロサッカーチームです。1980年にクラブが創設され、クラブカラーは、ブルーとブラックです。ホームタウン地域は、大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市、島本町、豊能町、能勢町の北摂地域と、交野市、門真市、四條畷市、大東市、寝屋川市、枚方市、守口市の北河内地域となっています。Jリーグがスタートした1993年からホームタウン活動に取り組み、地域密着型のクラブを目指して歩みを進めてきました。2017年までに、アジア・チャンピオンズリーグ優勝1回、リーグ優勝2回、ルヴァン・カップ優勝1回、天皇杯優勝4回のタイトルを獲得しています。クラブ名になっている「ガンバ」は、イタリア語で「脚」という意味で、「脚」によって強いチームを目指すといった意味が込められています。初めてのJ2に降格した2013年から2017年は長谷川健太が監督を務め、2018年にはブラジル人のレビークルピが監督に就任しましたが、プレーオフ圏内で低迷していた7月に途中解任され、後任にはガンバ大阪トップチームのコーチ兼U-23監督で元日本代表のDF、宮本恒靖氏が就任しました。地大阪府吹田市にあるホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」は4万人収容できます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口