舞台 ゲゲゲの先生へのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数153,188枚、本日の新着チケット数3,370

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

舞台 ゲゲゲの先生へのチケット一覧

漫画家水木しげるの世界をモチーフにした舞台「ゲゲゲの先生へ」が、2018年10月より東京芸術劇場プレイハウスを皮切りに、大阪、愛知など全国6都府県で上演されます。水木しげる本人が原案した作品を、演出家の前川知大が書き下ろしてた新作の舞台です。出演は、佐々木蔵之介、松雪泰子、白石加代子などの豪華な顔触れです。舞台の内容は、主に水木しげるの一つの作品だけにはこだわらず、一人の人間としての人生観や世界観が描かれています。水木しげるにとっての妖怪に対する独特な考えが物語で明かされ、数少ないオリジナルの妖怪の中でも、好きなのはねずみ男だけのようです。 今回の作品は、佐々木蔵之介にとって初出演舞台となり、実力派の演技で水木しげるの世界観をどのように演じるのかが見ものです。他の登場人物一人一人も、それぞれに個性豊かな実力派の俳優が演じます。水木しげる作品に興味がある方には、オリジナル性のあるストーリーに興味をそそられる作品だと言えるでしょう。

舞台 ゲゲゲの先生への日程

すべての日程

舞台 ゲゲゲの先生へ
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全39件 1-39件目

舞台 ゲゲゲの先生へのチケットを都道府県で探す

2018年の10月〜11月上演の、前川知大が脚本・演出の舞台「ゲゲゲの先生へ」は、漫画家水木しげる本人の人生観や世界観を描いた作品をモチーフにしています。水木しげるといえば、妖怪を描くことで有名ですが、代表作「ゲゲゲの鬼太郎」には、本人がオリジナルで考えた妖怪が、主人公の鬼太郎をはじめ、目玉のおやじやねずみ男、ネコ娘など数えるくらいしか出てきません。理由は、妖怪は伝承があるものだから創作はしてはいけないという水木しげるの思いがあってのことです。数少ない妖怪の中でも、どこか人間味のあるねずみ男への思い入れが強く、この舞台の主人公のモデルとなっています。主演を務めるのは、俳優の佐々木蔵之介。ねずみ男の無邪気な毒とユーモア溢れるイメージを、舞台初主演の佐々木が披露するのが見ものです。また、日本演劇を牽引する劇作家で演出家の前川知大が、水木しげるの世界を個性豊かな実力派キャストとともに繰り広げています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口