劇団民藝のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数166,397枚、本日の新着チケット数6,713

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

劇団民藝のチケット一覧

劇団民藝は、東京芸術劇場に在籍していた滝沢修が中心となって、1950年に創立された歴史ある劇団となります。以前在籍していた役者は、北林谷栄や大滝秀治などで、日本を代表する役者が多数輩出されています。現在は、奈良岡朋子が代表を務めており、東京公演は年間5作品をラインナップ。全国各地では、年間250回前後の公演を重ねています。今回上演される「光の国から僕らのために―金城哲夫伝―」は、 作畑澤聖悟、演出丹野郁弓によって2016年に上演されたものを、沖縄と近畿地方を中心にして再上演します。 今後は、2018年9月8日横浜市泉区民文化センター、2018年9月10日大垣市スイトピアセンター、2018年9月12日京都府立文化芸術会館、2018年9月13日福井県県民ホール、2018年9月15日森ノ宮ピロティホール、2018年9月21日から23日南風原町中央公民館黄金ホール、2018年9月24日沖縄市民小劇場 あしびなーなどが上演予定されています。

劇団民藝の日程

すべての日程

劇団民藝 正造の石
劇団民藝公演 新・正午浅草 荷風小伝

劇団民藝のチケットを都道府県で探す

劇団民藝の「光の国から僕らのために―金城哲夫伝―」は、畑澤聖悟の書き下ろした3部作の最後の作品になります。畑澤聖悟は、ギャラクシー、民放連、芸術祭の主要放送コンテストで3冠を達成する偉業を成し遂げた人物です。また、演出は数々の作品の演出を手掛け、日本を代表する演出家である丹野郁弓によって手掛けられています。 「光の国から僕らのために―金城哲夫伝―」は、ウルトラマンの脚本家である金城哲夫の半生を描いた作品で、ウルトラマン以外の人生に焦点が当てられています。主人公の金城哲夫は、本土復帰前の沖縄と本土を駆け回って奮闘して苦悩を重ねます。やがてアルコールの多量摂取で心身を壊し、2階から転落死するという波乱万丈の生涯を送った人物です。この難しい役を演じるのは、TVや舞台経験豊富な齊藤尊史。主人公の抱える成功や苦悩を演じています。この作品は60年以上昔のことではなく、現代日本の抱えている問題を浮き彫りにする作品です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口