チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

朗読劇 極上文學のチケット一覧

朗読劇 極上文學は、エンターテイメント・クリエイティブユニットであるMAG.netによる、文学を扱った新しい形の朗読劇です。朗読とパーフォーマンスを組み合わせてキャストが表現するのは文学の名作で、これまで様々な作品を舞台化してきたことから、これを極上文學シリーズと呼びます。 特徴は、複数のキャストを違う組み合わせで出演させるマルチキャスティング方式のかたちを取っていることから、同じ題材でも公演ごとに雰囲気や表現の差異が生まれるユニークな舞台で、キャストからも観客からも刺激的との評価が高いです。 夏目漱石の”夢十夜”や宮沢賢治の”銀河鉄道の夜”、怪しい雰囲気漂う短編の名作、梶井基次郎の”Kの昇天~或いはKの溺死”などの上演を重ね話題となっている極上文學の2014年公演では、日本探偵小説三大奇書のひとつである夢野久作の名書”ドグラ・マグラ”を演じました。キャストは、俳優の玉城裕規、桑野晃輔、歌手で俳優のKimeruなど複数の出演者によって演じられました。 2015年には第9弾として、森鴎外・原作の『高瀬舟・山椒大夫』が上演。主な出演者は天宮良、伊勢大貴、椎名鯛造、服部翼、藤原祐規、松田洋治、松本祐一、水石亜飛夢、村田充で、CBGKシブゲキ!!とOBP円形ホールの2会場で開催。 2016年の第10弾は谷崎潤一郎原作『春琴抄』を全労済ホールスペース・ゼロで上演。

現在、朗読劇 極上文學の出品はありません。

1件目の出品は購入率が8倍!

この公演のチケットを出品する出品する

新着入荷があった際にメールでお知らせ!

新着メール

朗読劇 極上文學の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/3/11()
  • 18:30
紀伊國屋ホール

東京都

極上文學 第12弾 風の又三郎・よだかの星
【最前列】最速先行 極上シート A列 センターブロック
1枚のみ20,000円/枚

ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート