ギル・シャハムのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,984枚、本日の新着チケット数2,832

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ギル・シャハムのコンサートチケット一覧

ギル・シャハム(Gil Shaham)はイスラエル人のヴァイオリニストです。優れたテクニックで風雅な音色を奏でます。 1971年にアメリカイリノイ州で生まれ、その後イスラエルでヴァイオリンを学び、弱冠10歳でエルサレム交響楽団との共演でデビューを果たしました。その翌年にはイスラエル・フィルとも共演、その後ジュリアード音楽院で学びました。 グラミー賞、アカデミー・シャルル・クロ・ディスク大賞、ドール「グラモフォン」エディターズチョイス等、名高い賞に輝いています。 2004年に自主レーベルCanary Classicsを立ち上げ、妹でピアニストのオルリ・シャハムとの共演で「Nigunim - Hebrew Melodies」、妻でヴァイオリニストのアデル・アンソニーと「Sarasate: Virtuoso Violin Works 」等をリリースしています。 使用楽器は、1699年製のストラディヴァリウス「ポリニャック伯爵夫人」です。

ギル・シャハム(Gil Shaham)は、高度な演奏技術と流れるような美しいメロディラインを持ち味とするヴァイオリニストです。イスラエル人の両親はいずれも学者というアカデミックな家庭に育ち、7歳の時に本格的にヴァイオリンを習い始めます。その2年後には有名な講師であるドロシー・ディレイに見出され、神童と称されながらデビューを果たしました。ジュリアード音楽院の特別奨学生として研鑽を積む一方で名門コロンビア大学に入学し、その人間性を深めます。相棒のヴァイオリンは「ポリニャック伯爵夫人」という名を持つストラディヴァリウスで、1699年に製造された名器です。自らと同じユダヤ人作曲家が手掛ける作品やブラームス作品での名演奏が高く評価されており、2003年からは自身のレーベルで自由な演奏活動を展開しています。音楽家である彼の妻や妹との共演も多く、クラッシックの名曲を集めた作品集などは多くのファンから支持されています。これまでのクラッシック界にはなかった斬新な発想が注目を集めている人物です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口