銀幕の果てにのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数154,628枚、本日の新着チケット数2,786

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

銀幕の果てにのチケット一覧

「銀幕の果てに」は、1994年に出版された劇作家つかこうへいの長編小説です。この小説が脚色され、2019年春のつかこうへい復活祭VOL.2として舞台化されます。秩父山中に架空の映画撮影所が存在するという設定で、そこを舞台に、様々なイメージが交錯する、現実と非現実の要素がが入り混じったSF的ストーリーが展開されます。今回主演の玲子役に抜擢されたのは、矢島舞美で、17歳から60歳までの幻の女優の役を演じます。その女優を追い、撮影所の謎を探っていく村雨役に、過去に「熱海殺人事件」でつかこうへい作品を演じた味方良介が抜擢されました。玲子の影に隠れ悩む脇役女優に木崎ゆりあが挑みます。他にも、NONSTYLEの石田明や2016年度日本アカデミー賞新人賞を受賞した佐久本宝などが出演します。演出は、つかこうへい作品を多数演出してきた、岡村俊一。公演日程は、東京公演は紀伊國屋ホール 2019年4月24日(水)から29日(月・祝)までです。大坂公演がCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで2019年5月8日(水)から9日(木)までとなっています。

銀幕の果てにの日程

すべての日程

春のつかこうへい復活祭 VOL.2 銀幕の果てに
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全8件 1-8件目

銀幕の果てにのチケットを都道府県で探す

「銀幕の果てに」の原作者、つかこうへいは、1970年代から1980年代を代表する劇作家です。出世作は「熱海殺人事件」で、1960年代のアングラ演劇が1970年代も引き続き主流を占める中、全く新しい感覚を演劇界に持ち込みました。「蒲田行進曲」、「郵便屋さんちょっと」、「初級革命講座 飛龍伝」など数々の話題作を発表し、ブームを引き起こしました。映画化された作品も多く、「蒲田行進曲」の脚本で、日本アカデミー賞脚本賞を受賞しています。「銀幕の果てに」は、1994年に発表された長編小説です。舞台の設定は山の中にある、架空の映画撮影所で、そこに出入りする人物達の物語です。劇中で映画の撮影が進行してくなかで、その作品が完成するのかという主題を軸に、伝説の女優玲子を中心に、脇役女優、脚本家、照明家、映画監督など個性的な人物達が登場し、映画界の裏側を描き出していきます。また、色々なイメージを想起させるエピソードが多重的に語られていて、不思議な演劇世界を創り出しています。撮影所の隣に原子力発電所が存在しているという設定が、話の展開に重要な意味合いを持たせています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口