銀杏BOYZのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

銀杏BOYZ(ギンナンボーイズ)のライブ・コンサートチケット一覧

銀杏BOYZ(ギンナンボーイズ)はパンクロックバンドです。2003年1月にGOING STEADYが解散した後、同バンドのボーカルの峯田が中心となって結成されました。活動当初は峯田のソロ名義の扱いで、エレファントカシマシのカバーアルバム『花男』に「悲しみの果て」で参加しました。その後、GOING STEADYの元メンバー安孫子真哉(Ba)、村井守(Dr)の他、チン中村(Gt)を加えてバンドとして活動を開始しました。2005年1月15日にスタジオアルバム『DOOR』『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』をリリースし、オリコンチャートTOP10に同時ランクインしました。GOING STEADYから続く、飾らない言葉で書かれた歌詞が多くの人々から共感を呼んでいます。ライブでは時に過激なパフォーマンスを行うなど、破天荒なプレイスタイルで人気を集めています。近年では俳優活動も精力的に行っています。2009年公開の映画「少年メリケンサック」では主題歌を担当し、劇中でバンドマン役として出演しています。さらに2009年公開の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」に主演を果たし、同タイトルの主題歌をリリースしました。2013年に峯田以外のメンバーが脱退してからは、ソロとしてサポートミュージシャンを迎えて活動しています。2018年11月より、1年半ぶりとなるライブツアー「GOD SAVE THE わーるど」が開催されます。会場は11月7日 Zepp DiverCity(東京)、11月12日 Zepp Nagoya(愛知)、11月20日 Zepp Osaka Bayside( 大阪)、11月30日 SENDAI GIGS(宮城)です。なお各公演にゲスト(teto、BiSH、台風クラブ、SPARTA LOCALS)が出演する予定です。2019年1月15日には銀杏BOYZとしては二度目となる日本武道館単独公演「世界がひとつになりませんように」が開催されます。

銀杏BOYZ(ギンナンボーイズ)の日程

すべての日程

SET YOU FREE VS SERIES
ティッシュタイム・フェスティバル
音楽と人 LIVE 2019 豊洲ナイトカーニバル
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

銀杏BOYZ(ギンナンボーイズ)のチケットを都道府県で探す




2003年の結成以降、インディーズロック界を牽引する銀杏BOYZ(ギンナンボーイズ)。ボーカルの峯田和伸が作り出す独創的な世界観が若者を中心に人気を集めています。その魅力はライブでこそ発揮され、独創的な音楽の世界観とライブパフォーマンスが融合し、熱狂的なファンが多くいます。そのパフォーマンスはとても激しく、あまりの激しさにボーカルの峯田和伸がライブ中に何度も骨折をするほどです。圧倒的なライブパフォーマンスを武器に「銀杏BOYZ世界ツアー2005」や「せんそうはんたいツアー」、「銀杏BOYZ2011スメルズ・ライク・ア・ヴァージン・ツアー」など全国ツアーも数多く行い、インディーズバンドの枠を超えた人気と知名度を誇っています。また、インディーズバンドでありながら世界中の有名アーティストが参加する「ROCK INJAPANFESTIVAL」にも出演するなど名実ともにインディーズバンドのトップにいるといえます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口