チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

go!go!vanillas(ゴーゴーバニラズ)のライブ・コンサートチケット一覧

go!go!vanillasは、2010年に結成されたロックバンドです。メンバーはボーカル&ギターの牧達弥、ベースの長谷川プリティ敬祐、ギターの柳沢進太郎、ドラムスのジェットセイヤの4人で、ビクターエンタテインメント内のレーベル、Getting Better Recordsに所属しています。大分県出身で中学の同級生だった牧と長谷川を中心に結成され、2013年1月にインディーズレーベルのSEEZ RECORDSより1stシングル「人間讃歌 / アクロス ザ ユニバーシティ」を、7月にはアルバム「SHAKE」をリリース。このアルバムがタワーレコードのスタッフが推薦する「タワレコメン」に選ばれたことで注目を集め、邦楽ロックシーンで一気に知名度を高めました。2014年11月にアルバム「Magic Number」でメジャーデビューを果たし、2015年4月にはメジャー1stシングル「バイリンガール」をリリース。その後もコンスタントに作品を発表しています。代表曲にはドラマ「&美少女 NEXT GIRL meets Tokyo」の主題歌になった「平成ペイン」やアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のエンディングテーマになった「No.999」などがあり、明るくポップなメロディとキャッチーなサウンド、疾走感のあるアンサンブルで人気を集めてきました。また、ライブバンドとしても大きな人気を集めており、ROCK IN JAPAN FESTIVALやSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER、VIVA LA ROCK、ARABAKI ROCK FEST.、COUNTDOWN JAPANといった大型フェスに常連として出演。フェスブームの最前線を走るメジャーバンドのひとつとして、圧倒的な支持を集めています。2020年6月には2020年のツアーを開催、他にもYON FES 2020やJAPAN JAM 2020、TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2020といった要注目のフェスで活躍するなど、現在進行形でライブシーンをけん引するバンドとして、ますます話題を呼んでいます。

go!go!vanillas(ゴーゴーバニラズ)の日程

すべての日程

ROAD TO AMAZING BUDOKAN TOUR 2020
go!go!vanillas presents READY STEADY go!go! vol.07 しゃあしい音でしんけん騒ぐで凱旋ワンマン!!
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決go!go!vanillas(ゴーゴーバニラズ)

    • 大分iichikoグランシアタ(大分県)
    • 座席は未定です。お役に立てずすみません。 最速のファンクラブ先行の次のオフィシャル先行で当選したものです。入金してしまってから行けないことに気がつき、泣く泣く出品します。先日初めてgo!go!vanillasのライブに参加してとても楽しく、また行きたいと思って予定も確認せず申し込んでしまいました。ゴーゴーの日に聖地大分で開催されるなんて、絶対に素敵なライブになると思います。購入された方にはぜひ楽しんできてほしいと思っています。

      • 名義なし
      • コンビニ発券
      • 主催者
      • 40%off
      • 3,000円/枚
      • 5,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 9
全1件 1-1件目

go!go!vanillas(ゴーゴーバニラズ)のチケットを都道府県で探す





go!go!vanillasは日本のロックバンドです。ボーカル・ギター牧達弥、ギター宮川怜也、ベース長谷川プリティ敬祐、ドラムジェットセイヤの4人で活動しています。2013年1月に、ファースト7inchシングル「人間賛歌/アクロスザユニバーシティ」を発売、その6ヶ月後にはファーストアルバム「SHAKE」を発売します。このアルバムの発売に伴い、将来活躍が期待されるアーティスト、バンドがフューチャーされるタワーレコードの「タワレコメン」に選ばれ、全国的に大プッシュされます。同年9月にはアルバム「SHAKE」を引っ提げ全7公演のツアーを敢行し、ツアーファイナルの下北沢SHELTERではソールドアウトを記録しました。2014年2月には、若手バンドの登竜門の一つともいわれる、その時の注目バンド、これからの人気の高まりが見込まれるバンドを集めて行われる「スペースシャワー列伝JAPANTOUR」にも出演を果たし、ますますその知名度を広げていきました。一昔前の、どこかノスタルジーを感じさせるメロディ、耳に心地よく響く深みのあるボーカル、思わず体を揺らしたくなるようなリズムなどが多くのリスナーを虜にし、現在も多くのライブをこなしながら、ファンを着実に増やしていっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート