チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

富山グラウジーズのチケット一覧

富山グラウジーズは、富山県富山市を拠点とするプロバスケットボールのチームです。2005年に創設されてBリーグに参加しています。メインアリーナは富山総合体育館で、グラッキーというマスコットやチアガール応援団が試合中の選手をサポーターと共に盛り立てます。グラウジーズの名前の由来は、県の鳥として県民から親しまれている雷鳥のことで、マスコットもこの雷鳥をモチーフにしています。富山グラウジーズのユニフォームは、グラウジーズレッドと呼ばれる赤を基調としたユニフォームですが、アウェイの試合の時には赤い縦ラインが袖や脇あたりに入った白のユニフォームに変わります。Bjリーグでは中々波に乗れないシーズンもあったもののプレーオフに出場できるようになり、ボブ・ナッシュが指揮を執るようになってからは地区1位を2回獲得し、内1回は準優勝するまでに成長しました。また、Bリーグでは、2018年から2019年のシーズンで中地区の3位という成績を修めています。

富山グラウジーズの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/12/8()
  • 13:05
富山市総合体育館

富山県

B.LEAGUE B1リーグ戦 第10節 富山グラウジーズvs千葉ジェッツ
プレミアムシート 5番 6番 最前列です!
2枚連番(バラ売不可)7,000円/枚

富山グラウジーズの魅力は何と言っても選手の個性ではないでしょうか。その中でも1番人気が高いとされるのが宇部直輝選手です。宇部選手は、俊足でゴール下に滑り込み、レイアップに持ち込んでシュートするスタイルが持ち味の選手です。関東大学リーグ時代には得点王に輝いた実績があり、Bリーク1のイケメンを決める企画で1位にも選ばれたことがあります。2018年からは日本代表にも選出され、東京オリンピックでの活躍も期待されている注目株の選手の1人となっています。他にも精度の高いスリーポイントシュートを得意とする育成からレギュラーとなった松山駿選手やスキンヘッドが特徴で千葉から移籍してきた阿部友和選手、2メートルを越す身長でアメリカのプロバスケットチームを渡り歩いてきたレオ⋅ライオンズ選手などが顔を揃えています。富山グラウジーズはこうした個性的なメンバーを組織的なフォーメーションで縛ることなく選手の自主性に任せてそれぞれの持ち味を発揮できるようなチーム作りを心掛けているとされています。個人技の光る躍動的な試合運びも魅力の1つとなっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート