葉加瀬太郎のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数132,363枚、本日の新着チケット数26

葉加瀬太郎のコンサートチケット一覧

葉加瀬太郎(はかせ たろう)はハッツマネージメント所属の日本のヴァイオリニストであり、ミュージシャンです。本名は高田太郎(たかたたろう)、旧姓・葉加瀬。大阪府吹田市生まれで、4歳からヴァイオリンを習い始めます。毎週金曜日に近所の公民館で練習していましたが、10歳から本格的にヴァイオリン教室に通い始め、技術を磨きました。中学2年の時には西日本コンクールで2位を受賞します。東京藝術大学時代より音楽グループ「クライズラー&カンパニー」にて活躍。クラシックやポップスなどジャンルの垣根を越えて人気を博しますが、1996年に解散します。同年セリーヌ・ディオンのワールドツアーに参加し、世界的に活躍の場を広げます。翌1997年にはアート・リンゼイがプロデュースしたアルバム「watashi」でソロデビューを果たします。1999年、タレントの高田万由子と結婚し、二児の父となります。 代表曲は「情熱大陸」です。同タイトルのテレビ番組のオープニングテーマとして第39回放送分から使われています。番組にゲスト出演した際、披露した「Etupirka」を当時の番組プロデューサーからエンディングテーマに使いたいと申し出を受け、それと同時にオープニングテーマも作って欲しいとの依頼を受けて制作されたものです。その他にもNHKの連続テレビ小説「てっぱん」のテーマ曲である「ひまわり」や、映画の主題歌として起用された「冷静と情熱のあいだ」、花王「アジエンス」のコマーシャルソングとして流れた「Asian Roses」、全日本空輸のイメージソングである「Another Sky」、「ファイナルファンタジーXII」(スクウェア・エニックス)のエンディングテーマに使用された交響詩 「希望」なども有名です。 2001年から毎年開催されている真夏の野外音楽フェスティバル「情熱大陸スペシャルライブ」は、通称情熱大陸ライブ・「情熱大陸フェス」と呼ばれ、10年を越す長寿イベントとなっています。若年層をターゲットにした従来のフェスとは異なり、様々な年代が幅広く参加出来るフェスを目指して立ち上げられました。2001年に「情熱大陸Music Special 葉加瀬太郎Live」としてスタートしたこのフェスは、翌年よりコンセプトに賛同したアーティストを招いての開催が始まりました。アーティスト同士のセッションが多いことも特徴で、出演アーティストのジャンルはJ-POPやジャズ、ブルースなどが大部分を占めます。

葉加瀬太郎の日程

すべての日程

葉加瀬太郎 コンサートツアー 2017
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全70件 1-70件目

葉加瀬太郎のチケットを都道府県で探す





葉加瀬太郎は、ライブでは、その素晴らしい演奏技術だけでなく解説も交えて、クラシックを誰にでも分かりやすく聴かせてくれます。そこがライブの魅力です。ライブでは会場での事前準備も抜かりがないことが分かります。ヴァイオリンの弦の張り方ひとつとっても、観客が良い音で聴こえやすく、かつコンサートが円滑に進むようにしています。葉加瀬太郎一人の独奏は特に圧巻です。ライブでよく演奏されるバッハの『シャコンヌ』での伸びやかなヴァイオリンのサウンドは素晴らしいの一言につきます。ブラームスの『ヴァイオリンソナタ第3番』は25分間もの演奏で、ヴァイオリンとピアノのたった2つの楽器が繰り出すハーモニーは一度聴いたら忘れられません。葉加瀬太郎自身のオリジナル楽曲『WITH ONE WISH』、『シシリアンセレナーデ』では、ミュージシャンと観客が一体となって盛り上がります。マイクパフォーマンスも笑いを取ったり、クラシックの作曲者や楽曲について丁寧に解説をしてくれて、演奏する楽曲に深みを持たせます。これもライブならではの魅力です。クラシックをよく知らなくても楽しめる仕掛けがふんだんに盛り込まれています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口