ハライチのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数160,625枚、本日の新着チケット数2,319

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ハライチのチケット一覧

ハライチはワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビです。メンバーはボケ・ネタ作り担当の岩井勇気、ツッコミ担当で坊主頭がトレードマークの澤部佑の二人で、コンビ名の由来は二人の出身地である上尾市の原市からきています。 岩井と澤部は幼稚園からの幼馴染みで、子供の頃から学校のイベントなどでコントを披露するようになり、その後に吉本興業が主催している漫才のコンクール「M-1グランプリ」に憧れを抱き、2005年1月にコンビを結成しています。同年3月にはワタナベコメディスクールのお笑いメジャーリーグの高校生の部でグランプリを受賞し、2009年には二人の憧れである「M-1グランプリ」の決勝に進出して注目を集めました。 ハライチの芸風は岩井のボケに対して澤部がすぐに突っ込まずにボケ倒して漫才のテーマや笑いを増幅させるという「ノリボケ漫才」が特徴的になっていますが、近年はスタンダートな漫才にも力を入れるようにもなってきています。

ハライチといえば、ツッコミの澤部とボケの岩井が織りなすスピード感のある漫才が特徴です。現在、澤部はバラエティ番組で見ない日はない程の人気ぶりで愛されキャラを確立しています。そして岩井はテレビ東京のゴッドタンで腐り芸人として注目を集めています。そんな二人の舞台は澤部が漫才中にお客さんに話しかけるようなシーンが何回もあるので、舞台を見ているというよりも友達のふざけ合いの話を聞いている、一緒に参加しているという風に感じます。そんな中でも岩井がボケとなる次の単語までの間が長引かせると澤部がその間を埋めるために必死になっている様子が伝わってきて温かい笑いが会場全体から生まれます。確かに、漫才だけでもその舞台を楽しむことはできるのですが二人のバックボーン、特に岩井の負の感情を知っていると二人の漫才を何倍にも面白く感じさせます。そんな二人の舞台は一見の価値ありです!また、チケットを取るのにまだ決心できない方も二人のラジオ「ハライチのターン」を一度聞いて見てください。二人の面白さが伝わり、舞台を見たくなることは間違いありません!


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口