チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

林家たい平のチケット一覧

林家たい平は、落語協会所属の落語家です。埼玉県秩父市出身で、愛称はたいちゃん。埼玉県立秩父高校から武蔵野美術大学に進学、卒業後の1988年に林家こん平へ弟子入りしたという異例の経歴を持っています。2010年には、母校・武蔵野美術大学の客員教授に就任しました。入門と同時に、師匠であるこん平によって林家たい平と名付けられ、1992年に二ツ目昇進。1993年の第8回 NHK新人演芸大賞優秀賞を受賞するなど、早くから実力を認められており、2000年には真打昇進を果たしました。2004年には、病気療養のため休演した師匠の代役として、日本テレビ系「笑点」に出演。同番組では21年ぶりの新顔ということで話題となり、2006年には春風亭昇太加入と同時に正式メンバーへ昇格を果たしました。これ以降、笑点メンバーの一人として全国的な知名度を獲得しています。落語家としては、幅広い演目を演じられる点が特徴。持ちネタには「紙くず屋」「お見立て」「七段目」や、地元を舞台にした十八番「人間・秩父夜祭」などがあります。また、「笑点」の大喜利でしばしば見せるものまねも得意としており、多彩な芸風が魅力です。

林家たい平の日程

すべての日程

林家たい平 独演会
三遊亭小遊三・林家たい平・柳家三三 三人会

林家たい平のチケットを都道府県で探す

埼玉県秩父市出身で落語協会所属の落語家、林家たい平。武蔵野美術大学のデザイン専攻という、落語家としては異例の経歴を持っており、2010年からは母校の客員教授も務めています。2004年に師匠である林家こん平の代役として、日本テレビ系「笑点」への出演を果たし、2006年には正式メンバーへ昇格。今では、笑点メンバー同期である春風亭昇太とともに、次の時代を担う落語家の筆頭格として抜群の知名度を誇ります。そんな林家たい平の魅力は、明るくエネルギッシュなキャラクターと多彩な芸風にあると言えるでしょう。「笑点」では、社会問題を取り入れたシリアスネタからものまねに至るまで、幅広いネタを展開。古典落語にも独自のアレンジを加えることで、初心者でも楽しめる落語を実践しています。「映画館落語」やドラえもんを元にした「ドラ落語」など、新たなチャレンジにも積極的。また、地元の埼玉県秩父市をネタにすることも多く、同市の観光大使を務める他、秩父を走る西武鉄道のCMにも出演しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート