平原綾香のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

平原綾香のライブ・コンサートチケット一覧

平原綾香は、日本の女性シンガーソングライターです。サクソフォーン(サックス)奏者としての活動も行っています。EMI Recordsに所属しています。 彼女を一躍有名にしたのは、2003年にリリースした1stシングル「Jupiter」です。イギリスの作曲家・ホルストの「惑星」第4曲「木星、快楽をもたらす者」を原曲とした曲で、平原自身が日本語の歌詞を乗せて歌うことを提案し、作り出されました。作詞は吉元由美が担当していますが、平原自らが書いたフレーズも曲中に盛り込まれています。平原の伸びのある低音を活かしたこの曲は、発売後大きな話題を集めました。当初はノンタイアップとして発売されましたが、その後様々なテレビ番組やドラマ、CMの挿入歌などに使われ、ロングヒットとなりました。それにより2004年には紅白歌合戦に出場を果たします。また、布施明や桑田圭祐など、多くの歌手によってカバーされています。 平原綾香の魅力の一つがその高い歌唱力にあります。彼女は高校から音楽科に進んでおり、大学も洗足学園音楽大学を卒業、本格的なクラシックやジャズの基礎が彼女の音楽の大きな柱となっているのです。 祖父はトランペット奏者、父の平原まことはマルチリード奏者という音楽一家です。姉であるAIKAもシンガーソングライター、サクソフォンプレイヤーとして活動しています。幼いころから音楽に囲まれ、音楽に慣れ親しんで育った平原は、13歳で自身もアルトサックスを始め、高校、大学で音楽を学ぶことになるのです。彼女がデビューするきっかけになったのも、高校の文化祭のミュージカルがドリームミュージックの社長の目に留まったからです。父と姉が現役音楽家であることから、家族公演もよく行っています。2005年には「僕らの音楽」で父との親子共演を披露。その後も積極的に家族との共演を行っています。 音楽一家出身、音楽学校卒業と固いイメージを持たれがちな彼女ですが、歌だけにとどまらずいろいろなことに積極的にトライしている女性でもあります。テレビドラマに出演したり、ミュージカルに出演したりと演劇的な活動も行っており、その積極的でマルチな活動がファンを魅了し続けています。2018年にはデビュー15周年を迎え、7月25日に20thアルバム「15th Anniversary All Singles Collection」をリリースしました。2019年6月15日から10月5日まで、「平原綾香 CONCERT TOUR 2019 〜 幸せのありか 〜」 を開催します。

平原綾香の日程

すべての日程

平原綾香 ライブ with 平原まこと
第6回 平原綾香 Jupiter 基金 My Best Friends Concert 顔晴れ [がんばれ] こどもたち
ハママツ・ジャズ・ウィーク ヤマハ ジャズ フェスティバル ここにしかない、めぐり合い。
LA DIVA
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決ハママツ・ジャズ・ウィーク ヤマハ ジャズ フェスティバル ここにしかない、めぐり合い。

    • アクトシティ浜松(静岡県)
    • SS席 1階16列 34番 part1 Kenny Barron Trio part2 平原綾香 featuring 平原まこと part3 BLUE NOTE TOKYO ALL- STAR JAZZ ORCHESTRA 行けなくなったため泣く泣く手放します。 jazz好きの方是非どうぞ!

      • 男性名義
      • プレイガイド
      • 9,000円/枚
      • 9,000円/枚
    • 1枚のみ
全2件 1-2件目

平原綾香のチケットを都道府県で探す






平原綾香は、女性シンガーソングライター、サクソフォーン奏者です。1984年5月9日生まれ、東京都出身です。13歳でアルトサックスを始め、洗足学園音楽大学にもジャズコースサックス専攻入学しました。「Jupiter」はデビューシングルにしてミリオンヒットを記録し、CMやテレビドラマに多数起用されました。当初は音楽大学に通いながら活動をしており、2005年に初の全国ツアーを開催しました。父親でマルチリード奏者の平原まことがバックバンドを務めていた縁で、さだまさしとの親交が深いです。これまでにトリビュートアルバムやスペシャルコンサートに度々参加しています。また姉のAIKAもアメリカを拠点に音楽活動しており、父・姉とともに「平原さんちのコンサート」を2007年から開催しています。自身のソロコンサートでも共演することがあります。音楽一家として生まれ育ちましたが、多方面でも活躍しています。落ち着きのある低音域の声を活かし、ナレーションや番組ナビゲーターとしても出演しています。またミュージカルにも出演しており、2018年のミュージカル「ビューティフル」では、水樹奈々とWキャストで主演を務めました。さらに2019年2月1日公開の映画「メリー・ポピンズ リターンズ」では、主役のメリー・ポピンズの吹き替えと日本版主題歌を担当しました。ディズニー映画において、吹替声優とエンドソングを同一人物が担当するのは初の快挙です。近年ではボイスパーカッションを独学で習得し、21thシングル「Ave Maria!〜シューベルト〜」でもその要素を取り入れるなど、音楽面でも表現の幅を広げています。音楽イベントに限らず、さまざまなイベントにソリストとしても招かれています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口