平原慎太郎のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

平原慎太郎のライブ・コンサートチケット一覧

平原慎太郎は北海道小樽市出身のダンサー、振り付け師です。ダンスを始めたきっかけは小学生の頃にテレビで観たTRFで、テレビを見ながら見よう見まねでHipHopダンスをしていました。そしてクラシックバレエを学び始め、その後コンテンポラリーダンスに出会います。2004年春から金森穣率いる劇団専属の舞踏団Noismに所属し、その後2007年夏より国内外でダンサー、振り付け師としてフリーで活動しています。2011年にはKIMDC(コリア・インターナショナルモダンダンス・コンペティション)で最優秀振付賞を受賞しました。2013年よりダンスカンパニー『Organ Warks』を主宰し、主に舞台作品の企画、運営および振り付け、舞台衣装、映像作品、楽曲、広報デザイン等を制作する団体として活動を始めます。2013年6月までスペインのマドリードにコンテンポラリーダンスの研修員として滞在し、ダンサーとしてレイナ・ソフィア美術館などの展覧会で踊り、その後も欧州、アジアを中心に活躍し、海外から高い評価を受けています。

平原慎太郎は2004年から2007年まで、劇場専属のダンスカンパニー「Noism」に所属していました。その後、国内外でダンサーや振付けなどを行いながら活動していました。2013年には舞台作品の企画、運営および振り付け、舞台衣裳、映像作品、楽曲、広報デザインなどを制作する『OrganWorks』を主宰となり立ち上げました。2017年には日本におけるコンテンポラリーダンスの年間賞である「日本ダンスフォーラム賞」を受賞しました。そんな平原慎太郎とともに、欧州の名門舞踊団で長年踊り、現在ではC/Ompanyとして国内外で精力的に創作活動をしている大植真太郎と、俳優として第一線で活躍していますが、実は5歳からダンスを始め、2013年には単身イスラエルへ渡り1年間のダンス留学するなど、ダンサーとしても活躍している森山未來が、2016年の全国ツアー『談ス』以来の再結集しました。ダンスあり笑いありの舞台は必見です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口