久石譲のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

久石譲のコンサートチケット一覧

久石譲(ヒサイシジョウ)は、日本の音楽家です。映画やテレビ番組のBGMの作曲で国際的な知名度のある人物ですが、作曲・編曲に留まらずオーケストラの指揮やピアノ演奏なども担当します。 久石譲の作曲家としての知名度を一段と高めるきっかけになったのは、1984年に担当した宮崎駿監督のジブリ映画「風の谷のナウシカ」でした。宮崎駿監督作品は久石譲の代表的な業績といえる仕事で、「風の谷のナウシカ」以降、2013年の「風立ちぬ」まで長編作品はすべて担当しています。また、北野武監督作品に関わることも多く、1991年(平成3年)の「あの夏、いちばん静かな海。」などを手がけています。 多彩な音楽活動により、受賞歴も豊富です。1992年には第15回日本アカデミー賞で最優秀音楽賞を初めて受賞しました。日本アカデミー賞の最優秀音楽賞は第17回まで連続して受賞し、その後も複数回受賞しています。1998年には第48回芸術選奨文部大臣新人賞を大衆芸能部門で受賞しています。2009年には紫綬褒章を受章。 海外での受賞歴も多く、2003年に第30回アニー賞の音楽賞を受賞、2005年には第31回ロサンゼルス映画評論家協会賞の音楽賞を受賞しています。 2016年、長野市芸術館の芸術監督に就任しました。 久石譲は現在も積極的な音楽活動を行なっており、2019年には同年6月に公開のアニメーション映画「怪獣の子供」で音楽を担当しているほか、指揮やピアノ奏者として出演するコンサートも多数開催。2019年7月には東京都と長野県で、久石譲による新たな解釈でベートーヴェンを演奏するコンサート「久石譲フューチャー・オーケストラ・クラシックスVOL.1」を、2019年8月には全国で、宮崎駿監督の楽曲を交響組曲にするプロジェクトの最新作で魔女の宅急便が演奏される「久石譲&ワールド・ドリーム・オーケストラ2019」を、2019年10月には毎年テーマを決めて開催されているコンサートで、今年はピアノをテーマとして久石譲の書き下ろし曲も披露される「久石譲プレゼンツミュージック・フューチャーVol.6」がそれぞれ行なわれます。

久石譲の日程

すべての日程

久石譲 ジルベスターコンサート 2019 in フェスティバルホール
久石譲 フューチャー・オーケストラ・クラシックス Vol.2
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全8件 1-8件目

久石譲のチケットを都道府県で探す








久石譲は1950年(昭和25年)12月6日生まれ、長野県出身の作曲家・指揮者・ピアニスト。幼少時から楽器演奏に親しむ環境で育ち、国立音楽大学在学中から作曲家(現代音楽)として活動を始めました。1974年(昭和49年)、テレビアニメ「はじめ人間ギャートルズ」の音楽を担当、その後も編曲やアーティストへの楽曲提供などの活動をしています。 久石譲は、国立音大在学中からミニマル・ミュージックに関心を持ち、現代音楽の作曲家として活動を開始しました。その時からすでに自らの演奏会の企画もして、最先端であったミニマル・ミュージックを積極的に演奏していました。「風の谷のナウシカ」以降は映像音楽を中心に活動するようになりましたが、ミニマル・ミュージックの作曲は継続しており、その第一人者であり続けています。 コンサートでは、聴いていると情景が浮かぶようなメロディーの美しい曲が数多く演奏されます。壮大な曲、リズミカルな曲、しっとりとした曲、それぞれの曲で様々な情景が浮かび、ジブリ作品の曲では登場人物たちの人生そのものがうまく表現されています。 指揮者として本格的に活動を始めてからは作曲家出身という立場から、多くの優れた最先端の現代音楽を紹介しています。久石譲の音楽家としての魅力を存分に堪能できるのはコンサートで、圧倒的な音楽の世界に引き込まれます。 数多くの心にしみる楽曲を発信し続ける久石譲。長年活躍を続ける中で未だコンサートにも出演し続ける彼の姿や演奏される楽曲を会場で体感してください。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口