日立リヴァーレのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,182枚、本日の新着チケット数3,087

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

日立リヴァーレのチケット一覧

日立リヴァーレとは、茨城県ひたちなか市を本拠地とする女子バレーボールチームです。1980年に茨城県ひたちなか市の日立製作所佐和工場内で「日立佐和女子バレーボール部」として発足しました。なお、1960年代から2000年代初頭まで存在していた日立ベルフィーユという数々のスター選手を輩出してきた東京都小平市を本拠地とするチームとは関係ありません。1997-98シーズンに実業団リーグを制した事でVリーグ昇格を決め、1998-99シーズンにVリーグデビューを飾ります。その後、2000年には2部リーグに降格するものの2年後に1部リーグに復帰して、2008-09シーズンまで1部リーグ残留し続けました。2009年には再度2部リーグに降格してしまいましたが、2部リーグ(V・チャレンジリーグ)で4シーズン過ごす中でチームは確かな地力をつけます。2012年にようやく1部リーグ(V・プレミアリーグ)に復帰し、甲斐祐之が監督に就任した2015-16シーズンにはリーグ戦で準優勝という好成績を収めました。翌2016-17シーズンに関しても、甲斐祐之監督の下でリーグ戦にて3位に輝いています。世界的な選手を補強した事により、2018-19シーズンは大きな飛躍が期待されるチームです。

日立リヴァーレが好きな方はこちらもおすすめ

日立リヴァーレには2010年から全日本女子チームで活躍し続ける佐藤美弥(セッター)をはじめとして、国内トップレベルの実力を持つ日本人選手が所属しています。さらに2018‐19シーズン開幕前にはベルギー代表として長く活躍してきたラウラ・ヘイルマンという世界的な選手が加入し、さらに選手のレベルが上がりました。そして、試合会場に足を運ぶと、素晴らしい技術を持った選手たちによるハイレベルなコンビネーションプレーを画面越しではなく生で見られます。また、2015年夏に監督に就任して初年度にチームをリーグ準優勝に導いた甲斐祐之は2000年代に全日本男子バレーボールチームで活躍した元スター選手です。試合を見に行くと、有名な選手達だけでなく全国的な知名度を誇る監督の姿も生で見られます。さらにテレビには映らない日本を代表する名将・甲斐祐之のコート外における采配ぶりに着目して試合を観戦するような事も可能です。その他、男性サポーターたちの間でアイドル的な人気を誇る窪田美侑をはじめ、選手達の試合前・試合後の素顔が見られるのも魅力と言えます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口