一青窈のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数188,133枚、本日の新着チケット数2,085

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

一青窈のライブ・コンサートチケット一覧

一青窈(ひととよう)は日本の女性歌手、作詞家、俳優。 2002年1stシングル「もらい泣き」でデビュー。翌2003年に、日本レコード大賞最優秀新人賞、日本有線大賞最優秀新人賞などを受賞。NHK紅白歌合戦初出場を果たす。 5枚目のシングル「ハナミズキ」、そして初のベストアルバム「BESTYO」が大ヒットを記録した。 2009年、自身初の日本武道館ライブを開催。 オフィシャルファンクラブ「大家族」では、会員限定のイベントも開催している。 2004年に映画「珈琲時光」、2008年12月には岩松了演出の音楽劇「箱の中の女」の主演を務めた。 2013年に初の詩集「一青窈詩集 みんな楽しそう」を発売するなど、歌手の枠に捕らわれ活動の幅を広げている。 環境問題に強い関心を持ち、ap bank fesなどの環境問題をテーマにしたライブに積極的に参加し、その知識や環境問題への姿勢からap bank dialogueでは出演アーティストの中で唯一ゲストとして出演する。 お台場新大陸2014 めざましライブめざましクラシックスROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロッキンジャパン)などにも出演。 2016年には、2009年以来2度目となる東京フィルハーモニー交響楽団との共演「一青窈with東京フィルハーモニー交響楽団」がBunkamuraオーチャードホールにて開催される。

一青窈の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/3/21()
  • 17:00
東京国際フォーラム

東京都

青窈謝音会 アリガ十五
全席指定1階16列のどこか1枚
1枚のみ5,000円/枚
  • 2018/3/21()
  • 17:00
東京国際フォーラム

東京都

青窈謝音会 アリガ十五
2階 14~15列 21~34 (中央ブロック)
1枚のみ5,000円/枚
  • 2018/3/21()
  • 17:00
東京国際フォーラム

東京都

青窈謝音会 アリガ十五
3階4列39番/40番
2枚連番(バラ売可)6,500円/枚
  • 2018/3/21()
  • 17:00
東京国際フォーラム

東京都

青窈謝音会 アリガ十五
全席指定、1階14列7~22番の間のいづれか
2枚連番(バラ売可)8,000円/枚
  • 2018/3/21()
  • 17:00
東京国際フォーラム

東京都

青窈謝音会 アリガ十五
全席指定1階3列のどこか1枚、当方の隣になります。
1枚のみ9,500円/枚
  • 2018/3/21()
  • 17:00
東京国際フォーラム

東京都

青窈謝音会 アリガ十五
1階 4列 18~26番 お支払い日の翌営業日の発送予定。
2枚連番(バラ売不可)12,980円/枚
  • 2018/3/21()
  • 17:00
東京国際フォーラム

東京都

青窈謝音会 アリガ十五
1階 4列 18~26番 お支払い日の翌日~翌々日の発送予定。
2枚連番(バラ売可)14,500円/枚
  • 2017/11/19()
  • 17:00
上越文化会館

新潟県

一青窈 Tour 2017 御目見得饗宴
1階11列 16番17番 正面やや右より、前から11列目の見やすい席です。
2枚連番(バラ売不可)6,000円/枚
  • 2015/1/29()
  • 19:00
音更町文化センター

北海道

一青 窈 TOUR 2014-2015
最前列の真中
1枚のみ9,500円/枚
  • 2012/7/7()
  • 18:00
東京国際フォーラムC

東京都

HITOTO MO 先行 座席未定
2枚連番(バラ売可)20,000円/枚

一青窈(ヒトトヨウ)について

日本の歌手として活動を続けている一青窈は、音楽活動を中心としているアーティストで、ライブ活動がメインとなっています。それ以外にも俳優としても活動しており、様々な番組に出演する以外にもドラマや映画に楽曲を提供したりするなどを行っているため、それに関連するイベント活動も行っています。ライブ活動については基本的には単発でのライブやコンサートが中心となっており、不定期ではありますが全国ツアーライブなども開催しています。また、CDやアルバム発売記念にちなんだ限定ライブやファンクラブ限定ライブなど、シークレット系のライブも開催しています。このライブやコンサート関連の活動の特徴としては、独特のライブやコンサート名であったり、プレミアム系のライブが多いという点が挙げられます。また、ソロとしてのライブ以外にもほかのアーティストをゲストに迎えてコラボレーションライブを行うなど、様々な形式のライブやコンサートを開催しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口