羊文学のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

羊文学のライブ・コンサートチケット一覧

羊文学(hitsujibungaku)は、東京・下北沢を中心に活動中のロックバンドです。2012年に5人組コピーバンドとして結成、活動スタート。その後受験などのため活動休止や数回のメンバーチェンジを経て、2017年に現在の3人編成となりました。現メンバーは、塩塚モエカ(ヴォーカル・ギター)、ゆりか(ベース)、フクダヒロア(ドラム)。全員が現役の一橋大生です。羊文学というバンド名は、塩塚モエカが好きだったバンド、S.R.S(Sleeping Rag Sheep)にあやかり、「羊」という言葉を入れたかったことと、音楽だけではないことを表現するため「文学」とつけたとのこと。2017年10月、1st EP『トンネルを抜けたら』をリリースし、インディーズ・リスナーから注目を集めました。そして2018年7月、1stアルバム『若者たちへ』をリリース。8月20日、代官山UNITにて、レコ発ワンマンライブが決定!多くの音楽を吸収し、影響を受けた重厚なバンドサウンドと意思のある歌声が魅力の新進オルタナティブロックバンドのステージは必見です。

羊文学の日程

すべての日程

羊文学EP「はばたき」リリースワンマンツアー
国府達矢「スラップスティックメロディ / 音の門」リリース記念ライブ バンド編

羊文学のチケットを都道府県で探す

羊文学の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/4/13()
  • 19:00
渋谷 WWW

東京都

羊文学 presents まる・さんかく・しかく・ひがし
スタンディング整理番号A90~110番までのいずれかです。
1枚のみ7,500円/枚

東京・下北沢を中心に活動する、オルタナティブ・ロックバンド、羊文学(hitsujibungaku)。2012年、高校1年生だったギター&ボーカルの塩塚モエカが結成。当初は5人組ガールズバンドでしたが、大学受験のため活動休止、その後のメンバーチェンジを経て、2017年に現在のスリーピースバンドに。メンバーは、塩塚モエカ、ゆりか(ベース)、フクダヒロア(ドラム)の3人で全員が現役の大学生です。2016年、Shimokitazawa Sound Cruising、FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GOに出演。2017年10月、1st EP『トンネルを抜けたら』、2018年2月には2nd EP『オレンジチョコレートハウスまでの道のり』をリリースし、インディ・リスナーから注目されるようになります。そして2018年7月25日には待望の1stアルバム、『若者たちへ』が発表され、レコ発ワンマン公演も決定。さまざまな音楽の影響を受けた独自の世界観と重厚なバンドサウンドが魅力の期待の新人アーティストです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口