舞台 北齋漫畫のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 北齋漫畫のチケット一覧

舞台「北齋漫畫(ほくさいまんが)」は、昭和から平成にかけて数々の名作を世に送り出した劇作家、故・矢代静一が1973年に発表し、初演された戯曲です。2019年6月9日(日)から7月7日(日)まで、東京・東京グローブ座で再演されます。浮世絵師・葛飾北斎と友人の戯作者・滝沢馬琴の交流を中心に、女性の魔力にとり憑かれていく北斎を幻想的に描いた作品です。演出は、宮田慶子が務めます。初演で緒形拳が演じた主人公・鉄蔵(葛飾北斎)役に挑戦するのは、関ジャニ∞の横山裕です。鉄蔵を惑わす魔性の女・お直役には佐藤江梨子、佐七(滝沢馬琴)役には木村了、娘・お栄(葛飾応為)役に堺小春、佐七の女房・お百役に枝元萌、佐七の下駄屋の丁稚・伍助役に吉田健悟、鉄蔵の養父・中島伊勢役に渡辺いっけいなどが名を連ねています。横山は、「奇人と呼ばれ破天荒な生涯をおくった魅力的な偉人を演じることができ、すでにワクワク感が止まりません!」とコメントしています。

舞台 北齋漫畫の日程

すべての日程

横山裕主演舞台 北齋漫畫
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全52件 1-52件目

舞台 北齋漫畫のチケットを都道府県で探す

舞台「北齋漫畫(ほくさいまんが)」は、昭和から平成にかけて数々の名作を世に送り出した劇作家、故・矢代静一が「浮世絵師三部作」の2作目として1973年に発表した戯曲です。葛飾北斎の画集を冠し、北斎と同時代に生きた曲亭馬琴や自身の娘である葛飾応為、養父であった御用鏡磨師の中島伊勢、そして謎の魔性の女との交流を軸に、この世のすべてを描くことに生涯をかけた北斎の物語を幻想的に浮かび上がらせた作品です。1973年の初演は緒形拳が主演を務めて高い評価を受けました。その後、「Hokusai Sketch Book」のタイトルで翻訳されアメリカでも上演されたほか、1981年には新藤兼人の脚本・監督で、豪華キャストで映画化もされ、15歳から70歳まで演じた田中裕子が報知映画賞 助演女優賞、日本アカデミー賞 助演女優賞を受賞しました。昭和に名を残す名作が、2019年には東京グローブ座で、関ジャニ∞の横山裕の主演で再演となります。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口