布袋寅泰のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数150,416枚、本日の新着チケット数2,008

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

布袋寅泰のチケット一覧

布袋寅泰(ほていともやす)は、ロックミュージシャン兼ギタリストです。レコーディングではベース、ドラムス、キーボードなどもマルチに演奏します。 1981年に結成されたロックバンド・BOØWYのギタリストとして、1982年1stアルバム『MORAL』でデビューしました。1988年3月に行われた東京ドーム公演『LAST GIGS』でBOØWYは解散しました。解散後は吉川晃司とのユニットCOMPLEXを始動しました。1989年4月に『BE MY BABY』でデビューしています。1990年11月8日に行われた東京ドームでのライブをもって無期限活動休止しました。COMPLEXの休止後はソロ活動がメインとなり、CMソングなど数々のヒット曲を世に送り出しました。 代表曲は「さらば青春の光」「サレンダー」「POISON」「バンビーナ」などが挙げられます。また音楽プロデューサーとしても頭角を表し、今井美樹、TOKIO、藤井フミヤなどのアーティストに楽曲を提供を行ったり、『新・仁義なき戦い』や『KT』などの映画音楽も手掛けるなど幅広く活動しています。なおのちに結婚する今井美樹に提供した『PRIDE』が、自身が手がけた楽曲の中で最大のヒットを記録します。2010年にはFUJI ROCK FESTIVAL 2010にて、少年時代からの憧れであったロキシー・ミュージックとの共演を果たしました。2012年にはそのロキシーが活動拠点を置くイギリスに家族で移住し、ロンドンのラウンドハウスで渡英後初のワンマンライブを開催するなど、欧米諸国でも活動の幅を広げています。2013年、日産スタジアムにて開催されたももいろクローバーZのワンマンライブ『ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013.8.4 日産スタジアム大会』にサプライズゲストとして参加しました。「君が代」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「バンビーナ」など5曲で共演しています。 2016年には布袋寅泰35周年アニバーサリープロジェクト『8 BEATのシルエット』を発足しました。 その第一弾としてライブハウスツアー「【BEAT 1】~すべてはライブハウスから~」を開催し、全国の老舗ライブハウスを中心に11カ所で公演しました。2018年10月よりヨーロッパツアー、11月10日から12月30日まで、ホールツアー「HOTEI Live In Japan 2018~TONIGHT I'M YOURS TOUR~ supported by ひかりTV」全19公演を開催します。

布袋寅泰の日程

すべての日程

布袋寅泰 JAPAN TOUR 2018
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全170件 1-100件目




布袋寅泰(ほていともやす)は、日本のギタリストです。1962年2月1日、群馬県高崎市で生まれました。ロックバンド・BOØWYのギタリストや吉川晃司とのユニットCOMPLEXでの活動で知られています。BOØWYやCOMPLEXでは8ビートを基調にした楽曲を多数制作していました。同バンドの解散・休止後はソロ活動が中心になっています。音楽に造詣が深く、特にデヴィッド・ボウイ、T-REX、ロキシー・ミュージックなどUKカルチャーの影響を強く受けています。ロックだけでなくファンクやテクノ、ロカビリーなど幅広い音楽性を追求しており、アルバム毎に異なる世界観の作品を作り上げています。また音楽プロデューサーとしても手腕を発揮しており、BOØWY時代から今日に至るまで数多くのミュージシャン・アイドルに楽曲を提供しています。また映画『新・仁義なき戦い』の主題歌『BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY』がクエンティン・タランティーノの目に留まり、同監督の代表作『キル・ビル』の主題歌に抜擢されました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口