豊饒の海のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数153,115枚、本日の新着チケット数3,410

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

豊饒の海のチケット一覧

「豊饒の海」は、三島由紀夫の遺作となった大河小説が原作の舞台作品です。四部作の「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」を一作品として新たに台本が構成されています。本作が舞台化されるのは今回が初めてです。脚本は長田育恵、演出をマックス・ウェブスターが担当しています。松枝清顕役は東出昌大です。東出昌大は2015年の初舞台「夜想曲集」以来、3年ぶりの舞台出演です。また清顕の同級生でキーパーソンである本多繁邦は3人の役者が演じます。若年時代を大鶴佐助、中年時代を首藤康之、老年期を笈田ヨシが担当します。若くして死に別れた清顕の転生後の人物を追うという、重要な役どころになっています。本多の老年期に現れる安永透を、宮沢氷魚が演じます。会場は紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(東京)で、2018年11月3日から12月2日まで上演される予定です。なお11月3日から5日はプレビュー公演が予定されています。

豊饒の海の日程

すべての日程

2018 PARCO PRODUCE 三島 × MISHIMA 豊饒の海
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全27件 1-27件目

豊饒の海のチケットを都道府県で探す

「豊饒の海」は、三島由紀夫原作の舞台化作品です。四部作のひとつに構成した脚本となっています。第一部「春の雪」は、明治末期から大正始めが舞台です。本命である女性と添い遂げることが叶わず、若干20歳にして夭折することになった松枝清顕(演・東出昌大)を巡るストーリーです。第二部「奔馬」は清顕の死から18年後の時代が描かれます。清顕の同級生である本多繁邦が、滝の下で飯沼勲と出会います。勲が切腹自殺を遂げるところで締めくくられます。第三部「暁の寺」は、バンコクが舞台で、本多は日本人の生まれ変わりであると名乗る王女・月光姫に出会います。そして第四部「天人五衰」では、老齢となった本多が安永透に出会います。本田は、透が清顕、勲、ジン・ジャンの生まれ変わりであると考えて養子に迎え入れます。割腹自決を遂げた三島由紀夫の絶筆作ということで、文学界で議論を巻き起こした作品です。本作が舞台化されるのは、今回が初めてとなります。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口