HOWL BE QUIETのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数138,814枚、本日の新着チケット数490

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

HOWL BE QUIET(ハウルビークワイエット)のライブ・コンサートチケット一覧

HOWL BE QUIET(ハウルビークワイエット)は関東地方の神奈川県で結成したバンドです。このバンドの特徴は楽器の王様と呼ばれるピアノの音色を前面に押し出したバンドです。また、楽曲の世界観にオリジナリティが溢れているばかりか、美しい歌声とメロディーで人の心を掴んでいます。このバンドの名前の由来は人の持っている静かな叫びや想いを歌にするという意味が込められています。というのも、ビ―クワイエットとは目立たないという意味の言葉で、人が言葉にできない想いという意味を込めることが出来るからです。メンバーはボーカルとギターの竹縄航太、ギターの黒木健志、ベースの橋本佳紀、ドラムの岩野亨の4人で構成されています。

HOWL BE QUIET(ハウルビークワイエット)の日程

すべての日程

HOWL BE QUIET 2019 ONE MAN LIVE
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

HOWL BE QUIET(ハウルビークワイエット)のチケットを都道府県で探す

HOWL BE QUIET(ハウルビークワイエット)の魅力

神奈川県出身のピアノロックバンドである、HOWL BE QUIET(ハウルビークワイエット)は多くのリスナーが期待を寄せる、平均年齢22歳の新人ロックバンドです。ボーカル、ギター、ピアノを務める竹縄航太の、直接聴く人に訴えかけてくるような強いメッセージが込められた歌詞と、心に沁みるような、切なくも温もりに満ちた曲調が特徴的です。ファン、リスナーからの絶大な人気は、1st Single の「GOOD BYE」の衝撃がファースト・インパクトで、一気に人気の波が広がり、1st ALBUMの「DECEMBER」ではセカンド・インパクトを起こし、その頭角をめきめきと世の中に現します。「DECEMBER」の収録曲には、「GOOD BYE」、「Merry」、「ステレオライダー」など、聴く人の心に響き感動を呼ぶ全8曲があります。HOWL BE QUIETというバンド名は、直訳すると「静かに吼える」となりますが、"BE QUIET"には、「静かに」の他に「目立たない」や、「ひっそりと」という別の意味もあり、それは、人前では言えず、みんなが心の内側にしまい込んでしまっている感情や、思いを歌にして届けたいという彼らの熱い志がバンド名に込められています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口