19/7/14(日) 17:06 Zepp Osaka BaySideの公演 HYDEのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数157,964枚、本日の新着チケット数1,634

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

HYDE(ハイド) LIVE 2019
19/07/14(日) 17:06 Zepp Osaka BaySide

会場情報

HYDE(ハイド)は、日本のボーカリスト、シンガーソングライターです。ロックバンドL'Arc〜en〜CielやVAMPSのボーカルとしての活動で広く知られています。1991年にL'Arc〜en〜Cielを結成し、1994年7月にビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビューを果たしました。メンバー全員が作曲を手がけるL'Arc〜en〜Cielにおいて、HYDEもオリコン1位でミリオンセラーを記録した「HONEY」、同じくオリコン1位とミリオンセラーを獲得した「HEAVEN’S DRIVE」などを手がけています。2001年からはソロ名義での活動もスタートし、ソロデビューシングル「evergreen」からオリコン1位を獲得。その後も映画「ステルス」の日本語版主題歌に起用された6thシングル「COUNTDOWN」、アニメ「BLOOD+」のオープニングテーマとなった7thシングル「SEASON’S CALL」など、多数のヒット曲を生み出しています。また、HYDEとしてのオリジナルアルバムも3枚リリースされており、1stアルバム「ROENTGEN」は国外向けに英語版も発売されています。さらに、2008年からはOblivion DustのギタリストK.A.Zとロックバンド「VAMPS」でも活動し、オリコン2位を記録したデビューシングル「LOVE ADDICT」、映画「ドラキュラZERO」の日本語版主題歌となった10thシングル「VAMPIRE’S LOVE」などを代表作にもっています。DAIGOやJanne Da Arcのyasu、清春といった他のヴィジュアル系ボーカリストと交流が深く、アイドルグループNEWSの手越祐也や画家の金子國義など、バンドマン以外にも幅広い交友関係があることでも知られています。2018年8月1日にはソロ9枚目のシングルとなる「AFTER LIGHT」をリリースしたばかりで、同年6月29日から10月4日にかけて、ライブツアー「HYDE LIVE 2018」が開催されています。

HYDE(ハイド)の日程

すべての日程

HYDE LIVE 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

HYDE(ハイド)のチケットを都道府県で探す







HYDE(ハイド)は、ビジュアル系バンドファンからはカリスマ的な人気を誇るアーティストです。ビジュアル系バンドのファンといえば、熱狂的なことでも知られますが、そんな彼のライブはビジュアル系ファンの聖地とでもいうような雰囲気を作り出します。コスプレファッションに身を包むファンで溢れ、会場の雰囲気はファンが作り出すといっても過言ではない程の、独特の世界観が作り広げられます。ファンもライブを構成する重要な一部になっており、それも人気の理由の一つです。彼のファッションは多くの専門誌に掲載されていることもあり、ファン達のファッションも凝りに凝った衣装が多く、それだけでも楽しめるライブになっています。一体感のある会場の雰囲気に合わせ、ハイド自身のパフォーマンスもライブでは高く、ファンにとってはライブは足を運ぶ価値のあるものになっています。ファン同士の交流も多く、ステージ以外にも楽しめるイベントが多いことも魅力です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口