舞台 hymns ヒムスのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 hymns ヒムスのチケット一覧

佐藤アツヒロ主演舞台 htmns ヒムスが、2019年4月に鈴木勝秀の脚本・演出により上演されます。この作品は、1990年、1998年、2004年のLYNS(リンクス)、2006年のMYTH(ミス)に次ぐ鈴木(スズカツ)のオリジナル3部作の最後の作品として上演され、今回11年ぶりに再演が決まりました。佐藤アツヒロは、2004年のLYNX(リンクス)再々演で主演を務めたときに鈴木と出会いました。鈴木は、佐藤との出会いからインスピレーションを得てMYTHと本作を生み出したのでした。舞台 hymns ヒムスのあらすじは、佐藤演じる、若くして美術展での大賞を受賞するも真黒な絵ばかりで自己表現をする画家オガワと、それを取りまくさまざまな人々とのやりとりが描かれ、思いも寄らない展開になっていく内容です。2019年版の本作では、これらの心理ドラマを鈴木自身がリライトし、新たな演出で上演されます。出演は、主演の佐藤のほか、中山祐一朗、陰山泰、山岸門人、新納慎也という豪華キャストです。会場は、4月11日(木)〜4月21日(日)は東京・博品館劇場、4月22日(月)には大阪・サンケイホールブリーゼです。

舞台 hymns ヒムスは、ニッポン放送主催の鈴木勝秀による脚本・演出の舞台です。2008年に上演され2019年に11年ぶりの再演ですが、いずれも主演は佐藤アツヒロ。佐藤にとっては、鈴木(スズカツ)のこの作品は思い入れの深いものとなっています。hymnsは、LYNX(リンクス)、MYTH(ミス)に続く鈴木の3部作として、鈴木自身のオリジナル作品の中でも、充実した時期に作られたものでした。鈴木の表現者としての決意が強く感じられる作品となり、非常にポジティブな芝居であると鈴木本人は絶賛しています。まさに、過去の自身の作品を凝縮させられている作品だといえるでしょう。主演の佐藤アツヒロは、受け身を主体とした演技でこの作品を構築しています。にもかかわらず、本作を見終わってみると、佐藤アツヒロの印象が強く残っているのは、鈴木が目指している自己主張をしない表現に近い感覚なのです。佐藤にとっても、鈴木は佐藤自身の内に秘めた心の揺れや葛藤を引き出してくれる演出家で、2人のコンビネーションがこの大作を生み出しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口