チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

五十嵐玲央(イガラシレオ)のライブ・コンサートチケット一覧

五十嵐玲央(いがらしれお)は、ジャニーズ事務所のアイドルユニット・7 MEN侍の元メンバー。ファンからは、いがれおの愛称で親しまれています。SMAPファンだった母親の影響を受け、2012年にジャニーズ事務所へ入所。入所後は、Classmate J・Noisy Guys・HiHi Jetsなど数多くのJr.内ユニットに所属してきました。2018年には、菅田琳寧(すげたりんね)・中村嶺亜(なかむられいあ)・本高克樹・佐々木大光・今野大輝らと共に、ジャニーズの次世代スターという肩書きを背負って組まれたユニット・7MEN侍のメンバーに抜擢されます。7MEN侍は、ジャニーズJr.で唯一楽器を演奏できるユニットとして結成された経緯があり、五十嵐玲央もギターを担当。また、小学生から中学生にかけてやっていた和太鼓が特技で、SixTONES(ストーンズ)と関西Jr.の対戦形式で行われた「東西SHOW合戦」では、和太鼓ソロを披露したことでも話題となりました。しかし、2019年に開催された「ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience」の7MEN侍単独公演には出演しておらず、グループを脱退したと考えられています。

ジャニーズJr.内のアイドルユニット・7MEN侍のメンバーとして活躍していた、五十嵐玲央(いがらしれお)。2018年にジャニーズの次世代スターという肩書きで結成された7MEN侍は、ジャニーズJr.で唯一楽器が演奏できるユニットであり、五十嵐玲央はギターを担当していました。ギターだけでなく、小学生から中学生時代にやっていた和太鼓も特技。「東西SHOW合戦」では和太鼓ソロを披露し、ひた向きに打ち込む姿がファンの間で話題となりました。彼の才能は楽器の演奏力に留まらず、ジャニーズの中でも指折りの運動神経の持ち主でもあります。中学校時代から陸上部に所属し短距離走を得意としており、TBS「炎の体育会TV」において、KAT-TUNの上田竜也が監督を務める「ジャニーズ陸上部」にも参加。当時15歳ながら好タイムを記録します。礼儀作法を重視する姿勢は上田竜也からも評価され、「礼儀作法の五十嵐」というあだ名をつけられるなど、陸上部の中心メンバーの一人としても活躍しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート