19/6/20(木) 18:30 神戸国際会館 こくさいホールの公演 井上陽水のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,187枚、本日の新着チケット数8

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

井上陽水 50周年記念ライブツアー 光陰矢の如し 少年老い易く 学成り難し
19/06/20(木) 18:30 神戸国際会館 こくさいホール

会場情報

井上陽水は、1948年生まれ、福岡県飯塚市出身のシンガーソングライターです。浪人時代にザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」をラジオの深夜放送で聞いたことがきっかけで作曲を始め、3度目の受験失敗を機に上京。RKB毎日放送のラジオ番組「スマッシュ!!11」の中の視聴者が自作曲を紹介してもらえるコーナーに、アンドレ・カンドレの芸名でオリジナル曲「カンドレ・マンドレ」を発表。同年9月CBSソニーから同曲でレコードデビューを果たします。 その後1971年にポリドールに移籍、芸名を井上陽水(ようすい)と改め、1972年、シングル「人生が二度あれば」で再デビューを果たしました。1973年には「夢の中へ」を発表、オリコン17位と初のヒット作となりました。そして1975年には吉田拓郎、泉谷しげる、小室等と共にフォーライフレコードを設立。翌1976年、フォーライフからリリースして「招待状のないショー」は9週連続1位を獲得しました。1982年にバックバンドを務めていた安全地帯がデビューし、1983年には自身の作詞による「ワインレッドの心」がヒットしたのを皮切りに、翌1984年、安全地帯に歌詞を提供した「恋の予感」、中森明菜に提供した楽曲「飾りじゃないのよ涙は」、自身の「いっそセレナーデ」が大ヒットとなりました。1985年にはこれらの提供曲を自身で歌ったアルバム「9.5カラット」をリリースし、1985年のアルバム年間売り上げ1位を獲得。「氷の世界」以来2度目のミリオンセラーとなります。またこのアルバムで第27回日本レコード大賞の作曲賞とアルバム賞を受賞しました。 1988年にはフジテレビ系のドラマ「ニューヨーク恋物語」の主題歌に使われた「リバーサイドホテル」が人気となり、1990年から1991年にかけては映画「少年時代」の主題歌として作られた「少年時代」が大ヒットを記録します。そして1993年にはフジテレビ系のドラマ「素晴らしきかな人生」の主題歌に起用された「Make-up Shadow」で第35回日本レコード大賞の金賞を受賞。その後作品発表のペースは落ちるものの、1996年には歌詞を提供したPUFFYのデビュー曲「アジアの純真」が大ヒットし、同じく井上陽水作詞、奥田民生作曲でPUFFYに提供した「渚にまつわるエトセトラ」もヒットを記録します。 1999年にはデビュー30周年を記念した2枚目のベストアルバム「GOLDEN BEST」をリリースして自身3作目のミリオンセラーを成し遂げました。そして2019年は「50周年記念ライブツアー光陰矢の如し少年老い易く学成り難し」が4月7日からスタート。現在も日本のトップミュージシャンの一人として活躍する彼のステージは必見です。

井上陽水の日程

すべての日程

井上陽水 50周年記念ライブツアー 光陰矢の如し 少年老い易く 学成り難し
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全4件 1-4件目






1969年のデビューから50周年を迎えるシンガーソング・ライターの井上陽水は、1948年生まれ、福岡県飯塚市出身です。本名は井上陽水と書いて「いのうえあけみ」と読みます。ラジオの深夜放送でザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」を聞いたことがきっかけで自身も作曲をするようになり、見よう見まねでギターを始めました。そして1969年に上京。ラジオ番組「スマッシュ!!11」(RKB毎日放送)で、視聴者が自作曲を紹介してもらえるコーナーに、アンドレ・カンドレの芸名でオリジナル曲「カンドレ・マンドレ」を発表したのを機に同年9月CBSソニーからレコードデビューしました。 1971年にポリドールに移籍。芸名を井上陽水(ようすい)と改め、1972年、シングル「人生が二度あれば」で再デビュー。1973年には「夢の中へ」がオリコン17位と初のヒット作に。1975年には吉田拓郎、泉谷しげる、小室等と共にフォーライフレコードを設立。翌年リリースされた「招待状のないショー」は9週連続1位を獲得しました。1983年の「ワインレッドの心」、1984年の「恋の予感」(安全地帯)、「飾りじゃないのよ涙は」(中森明菜)、自身の「いっそセレナーデ」などが大ヒット。1985年のアルバム「9.5カラット」は同年のアルバム年間売り上げ1位を獲得し、第27回日本レコード大賞の作曲賞とアルバム賞に輝きました。 その後、ドラマや映画などの主題歌も大ヒット。1996年には歌詞を提供したPUFFYのデビュー曲「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」もヒットを記録しました。 1999年にはデビュー30周年を記念した2枚目のベストアルバム「GOLDEN BEST」をリリースし、自身3作目のミリオンセラーを成し遂げました。そして2019年は「50周年記念ライブツアー光陰矢の如し少年老い易く学成り難し」が4月7日からスタート。現在も日本のトップミュージシャンの一人として多方面で活躍中です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口