石田彰のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

石田彰(イシダアキラ)のライブ・コンサートチケット一覧

石田彰(イシダアキラ)は、アニメの声優や映画の吹き替えなどを行っている人物です。学生時代に演劇部に所属しており、その後、江崎プロダクション付属養成所に入所している間に声優業を始めました。2012年からピアレスガーベラという芸能事務所に所属しています。多彩な声色で様々なキャラクターを演じ分けることが出来る人物で、少年や成人男性だけでなく、女性や老人の声を表現することが出来ます。「1人7役をやってみよう」という企画動画では一家族七人を見事に演じ、話題となりました。主な出演作品は、「スレイヤーズ」(キャラクター名はゼロス)、「最遊記」(猪八戒)、「夏目友人帳」(名取周一)、「戦国BASARA」(竹中半兵衛)などが挙げられます。2007年には、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のアスラン・ザラ役にて、第1回声優アワードサブキャラクター賞男優部門を受賞しました。

石田彰(イシダアキラ)の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/5/19()
  • 13:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
H列14~33番(センターブロック)。
1枚のみ8,000円/枚
  • 2019/5/18()
  • 18:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
B列 25番です よろしくお願い致します
1枚のみ7,000円/枚
  • 2019/5/18()
  • 18:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
B列10〜27番(センターブロック)
1枚のみ9,500円/枚
  • 2019/5/12()
  • 17:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
全席指定 1階 21列 一桁番台 サイドブロック
1枚のみ5,500円/枚
  • 2019/5/12()
  • 17:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
1階7列~10列 センターブロック 13~23番
2枚連番(バラ売不可)6,500円/枚
  • 2019/5/12()
  • 13:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
1階 15列 24~35番
2枚連番(バラ売不可)4,980円/枚
  • 2019/5/12()
  • 13:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
1階 11列 1~20番
2枚連番(バラ売不可)8,900円/枚
  • 2019/5/11()
  • 18:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
バルコニーL 1列 1~10番
2枚連番(バラ売不可)2,980円/枚
  • 2019/5/11()
  • 18:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
1階 19列 10~26番 通路側
2枚連番(バラ売不可)4,980円/枚
  • 2019/5/11()
  • 18:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
2019年05月11日(土) 18時00分 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京都) 全席指定 前売 2階 3列 30番 ¥6,500 1枚 
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/5/11()
  • 18:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
2階1桁台の列です。
2枚連番(バラ売不可)5,400円/枚
  • 2019/5/11()
  • 18:00
かつしかシンフォニーヒルズ

東京都

Wイシダ朗読劇 USHIROMUKI
2階 10列 11〜20番
1枚のみ6,000円/枚

石田彰(イシダアキラ)について

石田彰(イシダアキラ)とは、日本の男性声優・ナレーターで、ピアレスガーベラに所属しています。繊細な表現力に定評があり、少年から成人男性の役うを中心に演じています。時にはごく稀に、女性や老人役なども演じ、多種多様なキャラクターを演じ分けています。独特の声質と演技力の影響で、正体のわからない謎めいた人物や、途中から登場する役、物語のキーパーソンとなる役などを演じることが数多くあります。「歌わない声優」としても有名で、キャラクターもののCDなどへの出演はほとんどが、ナレーション・モノローグ・語りなどの朗読といった出演をしており、本人曰く、「歌の仕事が嫌いなわけではなく、歌えない」と発言しています。「人が聴くに耐えられるレベルかどうか問題であって、自分も恥ずかしくて聞いていられないため、歌わない」との発言もしています。自称「人間嫌いで、人付き合いが苦手だけど実は、寂しがり屋」と公言しており、共演者との食事などもあまりしないようです。デビュー当時に「まだ何色にも染まっていない16歳」というキャッチフレーズを自らが考案したようです。そして、一人で七役も演じることができる役幅の広さから、複数の声優で構成されるユニットとも噂されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口