チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

ハイキュー!!のチケット一覧

舞台「ハイキュー!!」は、古館春一原作の人気コミック「ハイキュー!!」を舞台化した作品です。原作は高校バレーを題材にした人気スポーツ青春漫画で、2012年より集英社刊行「週刊少年ジャンプ」で連載を続けています。2015年11月に「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」として初めて舞台化され、その後毎年2本のペースで新作を発表してきました。2作目からはサブタイトルが付き、2016年のサブタイトルは「頂の景色」と「烏野、復活!」、2017年が「勝者と敗者」と「進化の夏」、2018年は「はじまりの巨人」と「最強の場所(チーム)」。2019年は4月から5月にかけて「東京の陣」、11月から12月まで「飛翔」を上演し、規模も話題性も徐々に大きく進化させてきました。脚本・演出はウォーリー木下、音楽を和田俊輔、振付を笹尾功(HIDALI)が担当。最新映像テクノロジーを駆使し、バレーボールの描写にこだわっている原作を忠実に再現しています。またキャスト陣も、原作のキャラクターに似ている体格の役者が起用されるなど、原作の再現にこだわっています。そのため、2次元のモチーフを原作とした3次元の舞台、通称2.5次元ミュージカルの醍醐味を存分に味わうことができます。初演時から2018年公演までは、烏野高校バレー部の主人公・日向翔陽役を須賀健太が演じて好評を博しましたが、2019年「飛翔」より、烏野高校のキャストを一新。主演を醍醐虎汰朗、ほかメンバーを赤名竜之輔、山本涼介、織部典成、鐘ヶ江洸、北澤優駿、中谷優心、長田翔恩、日向野祥、一ノ瀬竜、福田侑哉が引き継ぎました。2020年に上演されるシリーズ最新作のサブタイトルは、「最強の挑戦者」。春の高校バレー全国大会に駒を進めた烏野高校バレー部と、そこに立ちはだかる強敵・稲荷﨑高校の激闘を描きます。3月21日(土)東京のTOKYO DOME CITY HALLを皮切りに、兵庫、宮城、福岡、大阪と5都市で上演ののち、4月24日(金)~5月6日(水・祝)の東京凱旋公演が行われる予定です。

ハイキュー!!の日程

すべての日程

ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!! 最強の挑戦者
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全15件 1-15件目

ハイキュー!!のチケットを都道府県で探す








「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」(舞台「ハイキュー!!」)は、集英社「週刊少年ジャンプ」で連載されている古館春一原作の同名人気コミック「ハイキュー!!」を舞台化した人気の2.5次元ミュージカルです。2015年11月に初演され、以降毎年2本の新作が上演されています。「ハイパープロジェクション演劇」の名が示すように、最新テクノロジーを駆使した映像と、演者のパフォーマンスが融合されて、臨場感あふれるバレーボールプレイが描写されます。物語は、主人公・日向翔陽が所属する烏野高校バレー部が、個性豊かな仲間たちとともに、ライバルの対戦校と戦いながら全国大会へと進んでいく姿を描きます。2019年に須賀健太より主演のバトンを引き継いだ醍醐虎汰朗を始め、赤名竜之輔、山本涼介、織部典成など、若手注目株が勢ぞろいするキャスト陣にも注目です。原作を忠実に再現するためにキャラクターたちに似通った体格の役者を起用しており、原作ファンからも好評を得ています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート