JIGGER’S SONのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,168枚、本日の新着チケット数4,298

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

JIGGER’S SONのライブ・コンサートチケット一覧

JIGGER'S SONは坂本サトル(ボーカル・ギター)渡辺洋一(ギター)坂本昌人(ベース)鈴木慎也(ドラム)で1988年に結成されたロックバンドです。1989年に自主制作アルバムである「WHAT'S WRONG?」を制作し自身の楽曲を増やしていきました。1990年に開催されたコロムビアレコード主催オーディションに自主制作CDシングル「KIDS」でグランプリを獲得し、1992年6月シングル「お宝~大切な君だから~」アルバム「自画自賛~大切な君だから~」でメジャーデビューしました。1998年10月に活動休止を発表を機に坂本は「坂本サトル」としてソロ活動を開始し、2012年坂本サトルデビュー20周年記念プロジェクトで復活ライブを開催。11月に14年振りのシングル「バトン」をリリースしました。

JIGGERS SONの生演奏、その魅力

JIGGERS SON(ジガーズサン)は、1988年に、坂本さとる、渡辺洋一が仙台市で結成した日本の古参ロックバンドです。そのバンド名の由来には、当時坂本さとるが自身の座右の銘にしていた言葉「自画自賛」を文字って作られたという経緯があります。そして、その結成した翌年の1989年には、自主制作アルバムの「WHAT'S WRONG?」を制作しました。他にも、積極的な作曲活動を行い、数多くの名曲を残したり、各地でライブ・イベントの生演奏を開演したりなど、音楽に熱心なジガーズサンですが、彼らの大きな魅力の一つは、ライブの演奏のクオリティです。彼らの楽曲は、1980年代のどこか懐かしい感じと、現代の音楽のアップテンポで盛り上がる曲調が織り交ざった、高度な演奏技術、歌唱技術が求められる楽曲が多いです。それらを、難なくこなせるだけの演奏技術が、長い音楽活動で培われた経験と努力で、築きあげられています。ライブでは、CD音源では感じられない、ジガーズサンの生の熱気が耳だけでなく、肌、全身を通して感じられます。そして、一曲一曲、ファンに届けたいメッセージを歌声にのせ、歌唱するヴォーカルの音楽に対する情熱が伝わってきます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口