加藤健一事務所のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

加藤健一事務所のチケット一覧

加藤健一事務所の舞台「煙が目にしみる」が、2018年6月23日(土)に、所沢ミューズ マーキーホール(埼玉県)、6月29日(金)、30日(土)に、大田区民プラザ大ホール(東京都)、7月1日(日)に兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール(兵庫県)、7月4日(水)に亀戸文化センターカメリアホール(東京都)でそれぞれ上演されます。 「煙が目にしみる」は、同事務所の人気演目で、2000年の初演後、2002年、2005年と上演を重ねてきました。原案は鈴置洋孝、今回の公演では、脚本を堤泰之が手がけています。以前好評だった加藤健一のおばあちゃん役はそのままに、それ以外のキャストを総入れ替え。天宮良、新井康弘、文学座の山本郁子、青年座の久留飛雄己、加藤忍、北見栄治、離風霊船の伊藤由美子、佐伯太輔、ハイリンドの伊原農、吉田芽吹などが出演しています。 往年のジャズナンバー「煙が目にしみる」とともに田舎の斎場で繰り広げられる、笑いと涙のフューネラル・コメディを劇場で目撃してください。

加藤健一事務所の日程

すべての日程

加藤健一事務所 Taking Sides それぞれの旋律

加藤健一事務所のチケットを都道府県で探す

加藤健一事務所は、カトケンの愛称で親しまれる俳優の加藤健一が主宰しています。これまで100を超える作品を上演しており、中でも4度再演されるなど人気の演目となっているのが「煙が目にしみる」です。原作を鈴置洋孝が、2018年公演では脚本・演出を堤泰之が担当しています。「煙が目にしみる」は、ジャズやミュージカルの名曲と呼ばれている大ヒットナンバー。その曲に乗せて繰り広げられる、笑いあり涙ありのフューネラル・コメディは必見です。 北見栄治と野々村浩介は、とある田舎町の斎場で偶然出会いました。その2人の出で立ちは、頭に三角の布、手には数珠、全身白ずくめというもの。長旅に良き相棒が見つかったと安堵する2人は、ニコニコ手を振る年老いた母野々村桂と、満開の桜に見送られて、未知の世界への旅へ出発します。おばあちゃんこと野々村桂は、生も死も関係なく全てお見通しで、彼女は2人に大切な事を教えてくれます。劇内のキーパーソンとなるおばあちゃんを演じるのは、これまでの公演において同役で大好評を博している、加藤健一です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口