桂文治のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数166,397枚、本日の新着チケット数6,713

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

桂文治のチケット一覧

11代目桂文治は1967年生まれ、大分県宇佐郡院内町出身の落語芸術協会に所属する落語家です。1986年に10代目桂文治に入門してから、1999年には真打に昇進、2012年には11代目桂文治を襲名しました。また、1994年にNHK新人演芸大賞、1997年に北とぴあ大賞、1998年に林家彦六賞、2009年に文化庁芸術祭新人賞、2013年に平成23・24年度彩の国落語大賞を受賞しています。酒が出てくる噺で『らくだ』や『禁酒番屋』、そのほか滑稽話を得意としており、先代文治から継承した話芸は幅広い世代に人気があります。2018年現在、51歳の中堅実力者でありテレビや寄席や独演会など全国各地の第一線で活躍しています。

桂文治の日程

すべての日程

三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 江戸前の寄席の薫りの落語会
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全4件 1-4件目

桂文治のチケットを都道府県で探す

桂文治は落語家らしい落語家と言われており、いずれ落語芸術協会の将来を背負って立つであろう実力者です。切れ味があり底抜けに明るく勢いのある落語や、サービス精神旺盛でいつも笑顔を絶やさないその人柄は、老若男女を問わず幅広い世代に愛されています。先代文治は亡くなるときまで落語芸術協会会長も務めた古典の本格派であり、”ラッキーおじさん”といった様々な伝説を残すなど絶大な人気を誇りました。当代文治の落語もその先代文治の芸をしっかりと引き継ぎつつ、さらに独自の演出を取り入れることで何度聞いてもお客さんが飽きないものになっています。また、話芸だけではなく普段着として着物を着るといった先代文治の私生活や生き方まで継承しており、その真面目な性格も多くの落語ファンから愛されている理由の一つです。 桂文治の得意ネタは酒が出る滑稽噺で、酔っ払いを大振りの仕草で演じるのが特徴です。また、持ちネタは分かりやすく聴きやすい噺が多いため、落語にあまり馴染みのない方でも存分に楽しむことができます。これから先代文治のように伝説になるであろう11代目桂文治の落語会は、温かい笑いに溢れ、落語ファンを幸せな気持ちにしてくれること間違いなしです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口