加山雄三のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

加山雄三のライブ・コンサートチケット一覧

加山雄三(カヤマユウゾウ)は、1937年4月11日に神奈川県に生まれ、俳優、シンガーソングライター、タレント、作曲家、ギタリスト、ピアニスト、画家と幅広く活躍しています。ニックネームは若大将として親しまれています。1960年に東宝に入社し、同年「男対男」で映画デビューを、翌年の1961年には「夜の太陽」で歌手デビューを果たしました。歌手としての代表曲は多数あり、日本におけるシンガーソングライターの先駆けとして知られています。これまでに紅白歌合戦には17回出場しました。また1986年から1988年かけては白組の司会を務めました。彼は作曲家としても活躍しており、ペンネームを弾厚作としています。これは、彼が尊敬している團伊玖磨と山田耕筰からきています。代表的な曲は、谷村新司が作詞した「サライ」「勇気のカタチ~私を変えてくれたあなたへ~」ですが、作曲家としての名前が弾耕筰ということから、加山が作曲したということはあまり知られていません。近年では野外音楽フェスに出演し、20代から70代まで幅広い年齢層のミュージシャンらをメンバーに集めたロックバンド・THE King ALL STARSを結成しました。役者としては「若大将シリーズ」のヒットなど東宝の看板俳優として活躍するかたわら、黒澤明、成瀬巳喜男、岡本喜八ら大物監督の作品にも多数出演しました。その端正な容姿で若い女性からの絶大な人気を集め、70年代頃よりテレビに活動の中心を移しました。お茶の間でも高評価を集め、理想の父親と呼ばれるようにもなりました。現在はコメンテーターとしても活躍しています。ソロのコンサートツアーは2015年夏に一区切りを迎えましたが、80歳を超えた2019年にコンサートツアーを再開しました。2019年6月6日から2020年3月15日まで、コンサートツアー「加山雄三コンサートツアー2019-20 START」を開催します。

加山雄三の日程

すべての日程

加山雄三コンサートツアー2019-20 START
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全4件 1-4件目

加山雄三のチケットを都道府県で探す

加山雄三(カヤマユウゾウ)は、シンガーソングライター、俳優など幅広く活躍しています。芸名の由来は「加賀(百万石)・(富士)山・英雄・小林一三」から取ったものです。慶應義塾大学卒業後の1960年春、東宝に入社し映画俳優としてデビューしました。翌年には歌手デビューを果たし、弾厚作のペンネームで作曲家としても活躍しています。長く俳優として活躍してきましたが、90年代に入るとバラエティ番組やトーク番組に多数出演し、タレントとしてもマルチな才能を発揮しています。幼少期に家庭教師からの影響で船に興味を持ち、これまでに大小10隻以上の船を設計しました。また多彩な趣味を持っており、学生時代にはスキーで国体に出場するなど類まれな運動神経を誇ります。自身の代表作である若大将シリーズでも、劇中で様々なスポーツをこなす運動部のエースとして描かれています。絵の才能にも長けており、西伊豆にある加山雄三ミュージアムで展示されているほか、個展開催や画集が出版されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口